2019.06.15

「オレステイア」を観る

OresOres1

新国立劇場
タイトルロールは確かに生田くんですし、4時間15分後の4幕(!)の
ラストは生田くんの叫びで終わりましたが、途中は、ほぼ「神野
三鈴祭」(笑)でした。

この女優さんも長らく拝見してますが、時々、見た目のたおやかさ
とは裏腹の、とんでもない肉食系の役柄の時があって、そう言う時は
肉食系最強(笑)大竹しのぶさんも真っ青の振り切れぶりなのですが
今回はまさにそれ、凄み炸裂でした。

横田さんアガメムノン/アイギストスも素敵で、鋼太郎さんが映像に
半分魂を売った今(笑)、いよいよ横田さん無双、と長年ファンと
しても嬉しい限りなのですが、一方、本来観客が思い入れするべき、
生田&音月/オレステス/エレクトラコンビの影は薄くなるばかり(笑)

そもそもオリジナルの「オレステス」ではなくて、彼(ら!)の
親殺しは現代の法的規範に照すと有罪か無罪か、と言う理詰めの
二次創作的な作品で(最新「悲劇喜劇」に戯曲掲載)神託と人間、
国家運営の関係、神々と人間、その間にいる存在を含めた登場人物
たちの、なんとも不可思議で、理屈に合わないけれども滅茶苦茶巨大な
スケールと、肉親の情や、ダメと言われても言うことを聞かないヘタレ
神々や、人間の愚かさのギャップを同時に味わうのが、このあたりの
物語の楽しみかただと思っていたのに、家族間の殺人(特にアガメム
ノンがイピゲネイアを捧げ物にした)についての生身の愛憎物語に
集約させてしまったために、丁度5月に観た、コクーンの「ハムレット」
同様、壮大なギリシャ神話世界が極端に矮小化。
そのため、ギリシャ悲劇サイズのお二人の折角の熱演も微妙に構造
からズレ、はみ出している感じが勿体無かったです

逆にこの皮肉めいた作品テイストに馴染んでいたのは司会進行(違う)
予言者カルカス役の下総さんくらいでしょうか
(因みにカルカスの娘が「トロイラス~」のクレシダ嬢で、これを
起点に二つの作品の世界がほぼ被る)

更に言うと、横田さんが演じたアガメムノンと言えば蜷川版「グリー
クス」の平さん、アイギストスと言えば鋼太郎さんを思い出して
しまいますし、横田さんも「トロイラス~」でアキレウスとヘクトル
両軍の将を演じているなど、作品と登場人物と役者さんのイメージが
強くあり、尚更、無駄に現代解釈化しない、古典をそのまま上演
しても、アガメムノン→イピゲネイア、クリュタイムネストラ&
アイギストス→アガメムノン、オレステス&エレクトラ→クリュ
タイムネストラ&アイギストスの親族殺人の連鎖の悲劇は、十分
現代的な意味合いがあり、十分問題提起の価値があった筈。

この魅力的なキャストでこの微妙にオタクっぽさと執着を感じる
変化球投げるのは正直勿体無かった。
生田くんにしても、前半殆ど見せ場なく舞台にいるだけで(後から
あれが幼少期だった事が解ったんですが)、新感線舞台の大阪や
長野はあったのに、東京だけが来年に回ったのはこれのためだろうと
期待していたのに、これもかなり期待外れ。
三島ができる人なだけに、もっともっとセリフを聞きたかったです

映像を取り入れ、実際の時間をデジタルで投影して、ギリシャと
今の地続き感を見せる演出とかは確かに面白かったですが、衣装の
時代に統一もなく、まあ目の前で横田さんの熱演を見られただけで
良し、とします。

時間は長いし、リピートはないかな

| | コメント (0)

2019.06.12

「エリザベート」(1回目)を観る(速報的)

Teigeki19elizaCastTime

帝国劇場

今回はチケット取りが1月から始まっていたので、何だかやっ~と
観ると言う感じもしますし、成河くんファン的には、間に「ブルオレ」
ゲキシネ「花髑髏」があったりしたので、あっという間な感じも
します

まずは今シーズン私の初回
俳優さんは初日ではないのに、勝手にこっちが緊張してしまい、
珍しく開場時間前に到着。

初回プリンシパルキャストは

エリザベート:花總まり
トート:古川雄大(初見)
フランツ:平方元基(初見)
ゾフィ:剣幸
ルドルフ:京本大我

勿論、ルキーニはそのために大枚叩いている(笑)成河くん。

ルキーニと言えば日本初演から長らく高嶋(兄)シングルキャストで、
あのイメージが定着していたのを、前シーズン成河くんが初参戦にして、
単なるニヒリストな傍観者で、要るのかこの役と思っていたのが(失礼)、
「おとぎ話じゃないぜ」と突き放しながら、エリザとトートの物語を
観客に見せつける、完全な狂言回しとして重要な物語の軸である事を
再認識できた意味で画期的だったのですが、今回は、そのご自身の
ハードルを更に越えてくる事を期待

セットは前シーズンと同じでしたが、音楽や演出は細かく変わって
いました

何しろいきなりオープニングの一音目が違ってましたし、「闇広」も
「最後のダンス」もイントロ変えてきてびっくり

演出も、初回だったので、ルキーニしか見てない訳ですが(笑)
ルキーニに限定しても、髪型が少し変わり、前回のピエロ的メイクは
なくなったと言う、見た目の変化は勿論、「ミルク」や「キッチュ」の
ソロパートの歌がとんでもない迫力増してて鳥肌ものでした。

また、結局ほぼずっと舞台上にいるのに、存在感をアピールする、
逆に存在感完全に消しつつ、進行する物語を鼻歌混じりに眺める
感じは素晴らしかったです。
細かく言えば、エリザに冒頭ライフルを渡す立ち位置が逆に、
「籠の鳥」飛ばしは毎回ではないのか、今回はなし、「バートイシュル」で
エリザに突き飛ばされる、「精神病院」での細かい動き、どう考えても
ゾフィ毛嫌いしてる感じ(笑)、披露宴シーンなどモブシーンでも埋没し
ない異質さ、どれも目が離せませんでした

ただ、多分今回が古川トートと初だった筈で、まだやや様子見、
探る雰囲気があり、今後、息が合ってくると、城田トートや井上
トートとのような絶妙なコンビネーションが見られる事でしょう

前回までルドルフだった古川くんトートは、とにかくきれいでした。
井上トートが自己中心なのと比べると、かなり礼儀正しい(笑)
ただし、ルドルフとはどうもルドルフ二人っぽさがややあり。
まだ生々しいのかもしれません

平方くんフランツは、童顔の田代くんに比べると、お顔が良い意味で
若くても老けても丁度よくて老けメイク違和感なし。
声は古川トート共々瑞々しく、とても良かったです。
京本ルドルフはキリッと度が上がりましたし、ダンスのキレかさすが。
剣ゾフィは出だしがかなり不安定で、あれ?でしたが、後半はさすが。

全体に、なんか(特に「夜のボート」あたり)、テンポがゆっくりな
感じがしました。

まだ成河ルキーニは引き出し出し惜しみな気配があり、今後どう
アンサンブルが増すなかでキレっぷりに磨きがかかるか、楽しみ
でしかありません。

| | コメント (0)

2019.06.11

「集団左遷」も「いだてん」も

この2つの連続ドラマ、どちらも録画してるのですが、1回分を
見終われないうちに、どうしても途中でストップさせてしまいます。
「集団左遷」はそこからは4倍速で飛ばし見
セリフ聞こえてなくても、
パントマイムみたいに動きが派手なので内容は全然判ります(笑)

「いだてん」に至っては、キャストだけ最後まで見て、目が止まる
キャストがいればちょっと見ますが、いなければ即終了
次回予告でだいたい次の回も予測可能です。
視聴率は悪くても評判は滅茶苦茶良い、らしいですが、最初の数分が
全然掴みがないので、ずっと見ている人には面白さが判るので
しょうが、大縄跳びに途中から入りにくいのと同じ感じがします。

ところが「集団左遷」、一昨日、また福山さんが不思議な「眉間に皺」
っているので、ああ終わったわ、と思っていたら、いきなり洋くんが
不正融資の疑われる会社の経理社員役で登場しててびっくり。
危うく消去するところ押しとどまりました。
洋くんはこの枠、ちょっとですが出演が多いです

さらにこのドラマ、「ミス・サイゴン」のエンジニア役者二人、
市村さんと別所さんがレギュラー出演しているんですね
市村さんは知ってましたが、別所さん連ドラは珍しい。
折角なら、さとしさんや筧さんの出演もあれば良いのに(笑)

因みにこのドラマが私の中でもう一つ盛り上がってこないのは、
勧善懲悪白黒はっきりの池井戸ものと違って、なかなか正義が
スカッと勝てないところだと思いますが、もっと言うと、池井戸
作品で敵役イメージが定着している香川さんが、善人役と言うのに
違和感があるから。

逆にそれでも録画しているのは、今回のようなサプライズゲストの
登場への期待と、最後の最後の黒幕は実は香川さん演じる真山なん
じゃないのかと言う疑念(期待?)を拭えないため(笑)
そろそろ最終回、こちらはとりあえず最後まで見届けます

| | コメント (0)

2019.06.10

「六月大歌舞伎」(昼の部)を観る

201906_1

夜は新作「みたに歌舞伎」ですが、昼は超スタンダード
目玉は吉右衛門さんの「石切梶原」と仁左衛門さんの「封印切」

「石切」
何度も書いているのですが、残念ながら私には「傾城反魂香」の
「土佐将監閑居の場」と並んで、何回見ても何が面白いのかと思って
しまう芝居の一つ。
どうも「石系」の奇譚があまりにも現実離れしていて、苦手なのか
あまりにもスムーズに、都合良く話が展開するのが気に入らない(笑)
のか、流「石」の吉右衛門さん梶原でも苦手意識は拭えず。
今回も磐「石」の配役でしたが、面白みを理解できませんでした
吉右衛門さんも、まだ初日に近いせいか、セリフだけが勝手に再生
されているような、まだ役として落ち着きがないのと、またちょっと
お膝が良くないのか、運びがやや不自然だったのが気になりました
歌六、米吉、又五郎、歌昇ら「一座」は高レベルの安定。
特に歌昇くんが赤っ面が似合うようになっていたのが頼もしい感じ
でした

「封印切」
仁左衛門さんの若々しさが凄い。
確かに、愛之助さんと並ぶと艶や張りに年齢は出るものの、それを
補って余りある色気、風情、しなやかな所作と感情が溢れる仕草が
見事過ぎでした。

塀に貼り付いたり、下手な役者がやったら、単なる悪ふざけか、
わざとらしさとか、上方特有の「くどさ」が気になるところですが、
そうならないギリギリのナチュラルさと言うか、特有の軽妙で乗り
切る塩梅が絶妙。
封印の切り方が「切るぞ切るぞ」でないのも個人的には好きでした。

孝太郎さん梅川、秀太郎さんおえんは勿論、前述の愛之助さんの
八右衛門の小憎たらしさが絶品。
あの二枚目顔での嫌味っぷりは、さすが「半沢直樹」黒崎管理官(笑)
と言うか、八右衛門は性格が悪いと思っていましたが、愛之助さんで
見ていると、金に困った事も挫折もない、ボンボン育ちならでは
だと合点しました

じゃらじゃらした感じとか、ペナペナした感じとか、ほぼ江戸の
歌舞伎に存在しないニュアンスが、非常に良いさじ加減で出ていて
本当に悲劇なんですが、良いもの見たなぁと思いました


| | コメント (0)

2019.06.08

「緊急取調室」ゲストが相変わらず凄い

被疑者役に次々有名俳優や個性的な顔ぶれが
並ぶのは、ひょっとして
「古畑~」以来ではないでしょうか。

今週は橋本じゅんさん、来週は鋼太郎さんとか。

鋼太郎さんだと、天海さんと舞台俳優迫力対決か(笑)
どっちが取り調べてるのか、感もありますし。

| | コメント (0)

MANSAI◎解体新書 その参拾 特別版『5W1H』全トークゲスト発表

やっと発表されました
以前ゲストで来られた方が殆どですね

某氏はまた相づちも打てない、マシンガン放置トークになるのかも
ちらっと心配(笑)

★9日 首藤康之さん(ダンサー)

★10日 落合陽一さん(メディアアーティスト)

★11日 昼 佐々木正人さん
(多摩美術大学総合デザイン学科教授・東京大学名誉教授)

★11日 夜 大友良英さん(音楽家)

★12日 コロッケさん(エンターテイナー)

★13日 昼 稲葉俊郎さん(医師・医学博士)

★13日 夜 樋口真嗣さん(映画監督・特技監督)

★14日 田根剛さん(建築家)

| | コメント (0)

「天保十二年のシェイクスピア」配役

来年2月の日生「天保〜」配役詳細が出ました

逆かなとも予想していましたが、三世次が一生くん、 王次が浦井
くんでした。

他に玉置さんや章平さんなど、藤田さん演出らしいキャストですが
やはり木場さんが蜷川さんの時と同じ役で入っていらっしゃるだけで
格段の安心感。
更に辻さんに梅沢さんに土井さんと(土井さん最近大活躍!)、
蜷川さん舞台で見慣れた役者さんもいて、手堅い!
チケット取るぞ

| | コメント (0)

映画「ダイナー」の事

「ダイナー」配役ですが、デルモニコをああするなら、ボンベロと
マテバは判りますが、少なくともコフィは奥田さんではなく、石橋
蓮司さんか、勝村さんとか、唐沢さんとかじゃないかなと。

無礼図も、この流れなら、叶うなら同じ宝塚出身でも麻実さんかな。

しかし映像を見る限り、監督は、男子については全部を実花カラーで
コーティングしきれてない気がします

前二作と同じで、どんなに過激にしても、やっぱり女の子の本能を
美しく撮る方が向いている方かも。

それにしても、こんなに血まみれになるなら、どこかの芸術監督どのも
喜んで参加されたでしょうに(笑)

| | コメント (0)

2019.06.07

「八月納涼歌舞伎」演目

第二部は最早恒例「弥次喜多」
第一部は七之助くんの政岡での「先代萩」、3部が玉三郎さんで
「雪之丞変化」

とりあえず一部は決定、三部は多分、二部はどうするかなぁ(笑)

| | コメント (0)

いよいよ「エリザベート」開幕

フォトコールの様子が各所にアップされていました
ここから成河くん3カンパニー追っかけの半年です(笑)

そう言えば今日はアニメ「美女と野獣」地上波オンエア。
世間的には実写「アラジン」関連でと言う事になるのでしょうが
ファン的には「エリザベート」上演記念、Wルキーニ関連です(笑)

| | コメント (0)

«新国立「オレステイア」の上演時間に驚く