2016.12.04

NHK「忠臣蔵の恋」に川口くん

役が寺坂吉右衛門!
しかし昨日のオンエアでは一瞬過ぎてチェック大変でした
(とりあえず声で特定)

「ふたがしら」と言い、画面が暗いと判りづらすぎる…

来週以降も出演されるのかしら…

| | コメント (0)

国立劇場50周年記念公演、文楽公演「仮名手本忠臣蔵」(第一部)を観る

国立劇場50年記念の「忠臣蔵」シリーズ、いよいよ12月は歌舞伎と
文楽同時上演、独尽湯×2の強力布陣です。
しかも歌舞伎は全体を3ヶ月に分けて上演しますが、文楽はなんと
昼夜で1ヶ月一気、と言う、なかなか気力及び体力を要する上演
形態になってます。
(「ヘンリー四世」一気上演を上回る合計10時間超!)
初日に伺いましたが、昼の部は10時半開演、六段目までやる強行
スケジュールで(笑)終演16:10。実質で5時間超、私の睡眠時間レベル
でした(苦笑)ふぅ〜。

歌舞伎は見取りを含めると相当回数見てますが、文楽で、しかも
通しは初めて。
口上人形の有無、大序の幕の開け方から始まり、勿論、登場人物
(主に人数)、細かい進行など歌舞伎との違いがたくさんあり、勿論
別に違いを見つけるために見ているのではないですが、やはり歌舞伎の
方が圧倒的経験値があるためついついそこに目が行きます。
そしてそこがストーリー重視の文楽と役者重視の歌舞伎との進化の
違いだと言う事を、しかも続けて観て記憶が明確なだけに実感。

やはり刃傷の津駒大夫さんと、切腹の住大夫さんが素晴らしく、
人形では勘十郎さんの本蔵と和生さんの判官が印象的
(玉男さんの由良之助はまだ顔出しくらいで活躍は後半)。

特に切腹の段の判官は、人間がやっても手数が多いのに、三人で
遣っているとは思えないなめらかな動きでびっくりしました。

それにしても、大夫さんも人形遣いさんも、私が聞き知っている期間
だけでも随分顔ぶれが若返りましたね…

細かいところを書きはじめたらきりがないのですが、ともあれ貴重な
体験。
夜の部も頑張るべく、体力(特に足腰と睡眠時間)調整しなくては!

| | コメント (0)

2016.11.30

1月TBSドラマ、坂元さん脚本。高橋くん出演!

タイトルは「カルテット」、松たか子さん、満島さん、龍平さんと
音楽家役だとか。
楽しみ過ぎ。
年末はクリスマス単発ドラマもあり、来年は何度目かの大河だし、
「民王」以来、遂に知名度が実力に追いついて来ましたね!

| | コメント (0)

「サントリーボス」CMに蜷川さん!

テーマは今年亡くなられた昭和生まれの文化人、のようで、蜷川
さんの灰皿投げシーンにジョーンズさんが合成され、渋谷のスク
ランブル交差点の大ビジョンに蜷川さん、巨泉さん、永さんのスリー
ショット。
これは泣けます

| | コメント (0)

「逃げ恥」に横田さん&洋くん2ショット

いきなり社長役で登場した横田さんにもびっくりしましたが、隣が
洋くんで、向かいが古田さんて、どれだけ舞台人度高いシーンと
ストーリーそっちのけで、一人超盛り上がりました。
いや〜これは保存盤です

| | コメント (0)

2016.11.29

「ヘンリー四世」(第2部)を観る

「ヘンリー四世」(第2部)を観る
「ヘンリー四世」(第2部)を観る
「ヘンリー四世」(第2部)を観る
「ヘンリー四世」(第2部)を観る
ロビーでいきなり河合先生をお見かけする。
前日はバタバタしてチェックしきれなかったのですが、ロビーには
「〜六世」で使用した椅子と王冠(着用して撮影可。浦井くんファン
とかちょっと嬉しいのでは…)、エリザベス朝の劇場模型、シェイ
クスピア関連年表、などありました。

2部はいよいよ王冠争奪の内ゲバ(死語ですね)激化と、ハルの
覚醒。
「忠臣蔵」と同じで、ハルが無事即位し、フォルスタッフを見捨てると
言う結末を判っていて見るので、後はそのプロセスをどう見せるかに
興味はありましたが、しかしヘンリー四世王のセリフが刺さる刺さる。

ヘンリー自身の王位簒奪についての言及部分は、「リチャード二世」の
王冠移譲の場をしっかり見ているおかげで良く判りましたし、
ノーサンバランド、モーブレーなど聞き馴染みの(但し即座には
人間関係、縁戚関係は把握できないにしても…)名前が登場するので、
内田くんだったり、堅山くんなどネクストのメンバーの顔があちこち
目に浮かびました

つまりは蜷川さんバージョンの「〜四世」はそれ単独で見た訳ですが、
今回は直前に蜷川さんの「リチャード二世」を見ていたおかげで、
ちゃんと時系列が繋がって見ている事になり、また一際でした。
しかも、ちくま文庫の松岡先生年表によれば、「リチャード二世」の
ラストと「ヘンリー四世」の冒頭部分の間には、実際には僅か2年
ほどしかないのですが、「二世」のボリングブルック(ヘンリー
四世)は若々しいエネルギッシュな青年王として描かれ、「四世」の
ヘンリー四世は、自身の死に怯える老人として描かれ、息子のハル
とのコントラストが際立つ仕掛けになっていて、何れも全然違和感が
なかったのは、完全にシェイクスピアマジックでした。

佐藤さん、岡本くん(2部ではフォルスタッフの仲間のヤンキーな
兄ちゃん役)、中嶋さん、今井さんは勿論、那須さん松岡さんの
「猪首亭」女性陣が、物凄い早替えで、それぞれノーサンバランド
夫人、ハリー・パーシー未亡人で出てきた時は内心喝采していました。

これだけ長い400年前の戯曲が、現代劇のようにするする入ってくる
のは、間違いなく、心理描写が長けていて、現代人にも判るところが
たくさんあるからでしょう。
本当に楽しかったです。

| | コメント (0)

2016.11.27

いよいよ2部!

「ヘンリー四世」2日目です。
95分20分休憩75分の3時間10分予定

| | コメント (0)

インフルエンザで公演中止(続)

どうやら今日、27日公演も中止だそうで、中止は合計5公演のようです
だいたい完治まで5日とか言いますから仕方ないですが、日経劇評も
悪くなかったし、みなさんガッカリですよね

| | コメント (0)

「ヘンリー四世」(第一部)を観る

「ヘンリー四世」(第一部)を観る
「ヘンリー四世」(第一部)を観る
「ヘンリー四世」(第一部)を観る
新国立劇場は早くもクリスマス。

客席は久しぶりに両翼いっぱいまでのフルサイズ。
舞台は「〜六世」同様、道具は少なめですが、「王座」を巡る一族の
争いがテーマである事を象徴するように、椅子がポイントとして
ヘンリー四世が登場時は王座として使われるものの
ファルスタッフ
達は倒してテーブルにしていましたし、挙げ句戦争(内戦)になると
宙吊りにされていたのが印象的でした。

ただしジャングルジムセットで一部見えないのにはがっかり。
(そうそうこのセット、萬斎さんの「薮の中」だったか、「羅生門」
だったか、に酷似してました…)

さて、やはり何でも先に見たものが基準になると言う部分は否め
ないもので、今回もつい蜷川さんと演出家が違うとこうも違うかと、
しみじみしながら見ていました。

勿論、1部2部を4時間に纏めた蜷川さんバージョンと、基本的に
戯曲に沿って1部2部をそれぞれ各3時間前後で上演する今回のプロ
ダクションとを単純に比較する訳には行きませんが。

1部の事実上の主役はやはりハリー・パーシー。
岡本くんは「〜六世」「リチャード三世」では異形なダークヒーロー
役でしたが、今回は、騎士の鑑、格好よく更に弁舌も巧みな役柄で、
惚れ惚れ。

一方、ハリー君はヘッドホンでQueenの(kingの話なのに(笑))の
「ボヘミアンラプソディー」を大音量で聞いたり、時代考証無視の
自由自在。ちょこちょこマジぶりを小出しにしながら、まだ本気を
だしてないままでした。

しゅうさんの国王はやはり素晴らしく、B作さんのファルスタッフは
セリフの明晰さは素晴らしいけれど、やはり体格(笑)で、鋼太郎さん
ファルスタッフにいささか及ばず
ハリーパーシー妻役の松岡さん、ダグラス伯役の鍛冶さんが素晴らしく、
また後半、高等大判事役の今井さんは騎士役でしたが、出てくるなりやはり「大野修理」(笑)
そしてビジュアルからほぼ別人の那須さんにはびっくりしました

面白いのは「〜六世」の時も思った事ですが、同じ戯曲なのに
印象に残る場面が全然違う事。
今回も蜷川さんバージョンでは追い剥ぎの一連が飛び抜けて面白
かったのが、今回1部を観る感じでは、一番は「ダグラスだ〜」が
ギャグレベルで面白く、やはり芝居は生き物だと実感しました。

1幕より2幕が断然面白く、今日の第2部が楽しみです

| | コメント (0)

2016.11.26

いよいよ初日!

「ヘンリー四世」初日です。
浦井くんファンは何が限定商品あるらしく行列中。
オープニングセットはジャングルジムに白い椅子

90分20分休憩70分の3時間予定

| | コメント (0)

«インフルエンザで公演中止