« 携帯電話のマナーを守れない人たち。 | トップページ | 「古畑任三郎」再放送 »

2004.04.23

関内ホール「野村万作・萬斎狂言会」を観る

単なる解説と狂言だけではなく、小舞が付いているのが
お楽しみ。
今回は「景清」
万作さんが前シテの老人を、萬斎さんが後シテの若い頃の
景清の舞を、能の場合と逆、実際の年齢順に、後→前の順で
という趣向。小舞についてだけ、石田さんが簡単な解説をして
すぐに小舞へ。

悪七兵衛景清と言えば「平家物語」の錣引き、というのが
私のわずかな知識なのだが、その錣引きのエピソードを舞うのが
後シテ、萬斎さんは持ち前のキレの良い舞。
向きを変えての一人二役は、「屋島」の「奈須与市話」を連想した

前シテは大きな動きはないものの
私には、万作さんの扇の動きに、老いつつもプライドを失わない
勇壮な武将だった景清の姿を感じた。
地謡が萬斎さんの時は4人だったが、万作さんの時は萬斎さん一人。
舞う万作さんよりも、謡の萬斎さんが必死そうに見えた

改めて石田さんが登場して狂言解説。

狂言「口真似」
太郎冠者・・・万之介、主・・・高野、酔狂者・・・深田

先日、万作さんのシテでのを見たが、どうも万作さんのマジメそうな
キャラクターだと、この太郎冠者はちょっとイメージが違うと
思ったのだが、今回のシテは万之介さん。
あの重力のない飄逸さが、このどう考えても
ナンセンスとしかいえない狂言にはぴったりで、若手二人を
手玉に取った感じがなんとも言えず、笑えて仕方なかった

休憩20分を挟んで狂言「悪太郎」

悪太郎・・・萬斎、伯父・・・石田、僧・・・万作

萬斎さんはどうもこのところ、これがお気に入りなのか、
定期的に観ている気がする。

前半の酔っ払っての悪態、後半の僧とのやりとり、そして最後の
舞と、見どころは多いが、前に見たときよりも、僧との
やりとり部分が面白く感じられた。

結局は、この日の目玉は「小舞」だった。

|

« 携帯電話のマナーを守れない人たち。 | トップページ | 「古畑任三郎」再放送 »

「能&狂言」カテゴリの記事

「野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 携帯電話のマナーを守れない人たち。 | トップページ | 「古畑任三郎」再放送 »