« 女子アナ、朝ドラ話(続き) | トップページ | 京都で開催される「南禅寺展」のなぜ? »

2004.04.13

スーパーテレビ「浜崎あゆみ」

不振の月10ドラマを切り捨てて
9時台で安定した数字を取っていた「スーパーテレビ」が
満を持して「SMAP×SMAP」の裏番組に登場
(といっても、昨日は「SMAP×SMAP」やってなかったけど)

時間枠移動第一作は「浜崎あゆみの真実」

ま、そこまで大上段に振りかざさなくてもなあとか
結局は所属レコード会社・事務所の意向が相当
反映されているだろうなあとは思いつつも、
25歳で既にある意味での一つの頂点に達してしまった
人間が、一個の生きた肉体でありながら
会社の株価さえも左右する、自分でも手におえなくなっている
商品である自分とつきあっていく様子に
手を止めて見入ってしまった

それにしても、確か出始めの頃は、あの甘ったるく
全く回りとテンポを合わせない、耳障りなしゃべりがイヤで
偶然でもテレビで声を聞くと音量を下げたり
スイッチを切ったりしていたことを思い出すにつけ、
低めの声でオトナの本音やウソを見抜く発言を繰り返す
達観とも見える姿に、その年月が与えた大きなインパクトを実感

しかしまだ25歳、本当は多分まだこれから先の方がずっと長い
はずなのだが・・・

|

« 女子アナ、朝ドラ話(続き) | トップページ | 京都で開催される「南禅寺展」のなぜ? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

何だかいちいち気にいらなかった。ナレーターの言う<私達>は常に視聴者を含めた物言いになってる感じが否めなかった。私達は彼女の事を何も知らなかったのだ。馬鹿にしてるんですかね。

投稿: 中途覚醒 | 2004.04.27 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女子アナ、朝ドラ話(続き) | トップページ | 京都で開催される「南禅寺展」のなぜ? »