« サンマリノGP決勝 | トップページ | 書店の販売努力はイベントだけなのか。 »

2004.04.26

皮肉なタイトル

養老孟司氏の新刊のタイトルは「運のつき」

このところ「バカの壁」「死の壁」と
ベストセラーを連発しているご本人には
まず縁のなさそうなタイトルのところが
なんとも意味深。

でもだからこそ手に取ってしまうところがミソかも。

|

« サンマリノGP決勝 | トップページ | 書店の販売努力はイベントだけなのか。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンマリノGP決勝 | トップページ | 書店の販売努力はイベントだけなのか。 »