« 染五郎丈の働きぶり、その他若手の歌舞伎役者たち。 | トップページ | 「オイディプス王」アテネ公演情報(7) »

2004.07.07

「和楽」8月号 特集<能>

とりあえずは初心者向け内容というところ。
インタビューは、観世清和師、梅若六郎師など
恒例の方々。
他に多田富雄氏寄稿、立ち方入門など。

しかし、なにゆえ、何故にイラストが
ドラえもんなのか!!
どう見ても、どう考えてもおかしいし、
似つかわしくない。
ドラえもんが能面をつけて、道成寺を踏む
絵なんて、と思わないのがおかしい。

ちなみに、来月は私の偏愛する伊藤若冲特集。
最大のコレクターである、プライス氏に取材とあるので
ある程度のものは期待できそうかな?

今月号の目次はこちらから

|

« 染五郎丈の働きぶり、その他若手の歌舞伎役者たち。 | トップページ | 「オイディプス王」アテネ公演情報(7) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 染五郎丈の働きぶり、その他若手の歌舞伎役者たち。 | トップページ | 「オイディプス王」アテネ公演情報(7) »