« F1 イギリスGP予選 | トップページ | 夢幻能形式による「高野聖」 »

2004.07.11

「TOPPA!」で能の会

「TOPPA!」の親世代の一人である千之丞師は
某書の中で、今後の能との関係について
なかなか大胆な発言をしているが、
今回の「TOPPA!」公演では、初めて狂言だけではなく
能も上演するとのことが、9日の朝日新聞夕刊
(東京本社版)の記事に出ていた

「能楽方狂言師という自分たちを再認識しなくては」と
言う千三郎師の発言が引用されているが、
能と狂言、なかなかその人気のバランスの方が
現状取りづらい状況

公演の詳細はこちら

東京公演の演目は能は判りやすく、狂言も
ストーリーのあるものが選ばれています

|

« F1 イギリスGP予選 | トップページ | 夢幻能形式による「高野聖」 »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1 イギリスGP予選 | トップページ | 夢幻能形式による「高野聖」 »