« wowowの演劇オンエア情報 | トップページ | 「お気に召すまま」新聞劇評 »

2004.08.20

持ち込まれたくなければ会場内では売らないのが常識。

まずは演劇とは全く関係のないニュース記事。

来年の<愛・地球博(いわゆる「愛知万博」)>の
会場内には、ペットボトルや瓶、缶入り飲料の持込が禁止され、
紙容器、および水筒のみ持込可能とするという
なんとも不思議な会場内ルールが設定されるという

最近空港でペットボトルの内容物のチェックをやって
いるのと同じで、テロ対策というのが理由らしい。

ところが。
飲料メーカーとも契約を
しているので、会場内では販売はするという
(会場内で購入したことを示すシールを貼って区別する
そうだが)

持ち込まれるペットボトル1本1本のチェックが大変だから
ということからの措置らしいのだが、夏の期間を挟む開催、
夏の名古屋の暑さは相当なものだし、たいていの人は
持ってきそう。
それに持っているかどうかのチェックをするのだったら
同じでは?

さらに言うと、持ち込まれたくなければ、会場内でも売らないのが
常識ではないだろうか?

そこで強引に劇場話に飛ぶのだけれども、良く
「ホール内に飲食物の持ち込みはご遠慮願います」
という掲示があるが、なぜか、そう書いておきながら
ホールロビーで飲食物を販売している事が多い。

陶器やグラスなど、その場で食べ、容器の返却が
当然と思われるもので提供されている場合は
<被害>は少ないだろけれど、
紙やプラスティックの所謂テイクアウト系容器で
売られていたら、飲み残し、食べ残しが会場内に持ち込ま
れる確率はかなり高そう。

飲食物以外のものも同様。
先日、さいたま芸劇で経験した、カシャカシャと音のする
ビニール袋でのグッズ販売はその最たるもので、
特に二幕目の前半は、幕間にグッズ類を買った人の
<カシャカシャ>が耳についた。

もし入れるのであれば、よく美術館のパンフレット販売などで
使用されている、厚みがあって音のしないものでと思う。

とにかく。
かなり何度もここには書いているのですが
(それだけ立腹率が高いので・・・)
残念な事に、最近携帯電話の<横暴>を含めて
(先日はついに芝居の最中にメールしている人もいたし)
観客に<良識>や<マナー>を期待するのは
極めて難しいと主催者・会場は認識すべきで、
携帯電波対策なり、できる範囲の自衛策は
立てたほうが良い時期に来ているのでは?

冒頭の「愛知万博」のニュース詳細はこちらから

|

« wowowの演劇オンエア情報 | トップページ | 「お気に召すまま」新聞劇評 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« wowowの演劇オンエア情報 | トップページ | 「お気に召すまま」新聞劇評 »