« 「テラ・ノヴァ」新聞・雑誌記事 | トップページ | sma station3で「伝統芸能海外へ」特集 »

2004.09.12

11月の国立能楽堂

9月からはじまっている「小町」特集、
11月は25、26日の二日連続で
「通小町」を梅若六郎師、観世清和師が
少将と小町を入れ替えて演じる企画
(その他の配役は変わらず)

しかし、個人的に一番興味があるのは
その同じ25,26の「通小町」のあとに
演じられる『近代能楽集~卒塔婆小町』。
朗読で、老婆を岸田今日子さん、
詩人を茂山逸平さん。
演出が、先日『解体新書5』にも登場されて
日本語の語りについて語っていらっしゃった
鴨下信一さん。

その朗読だけ、独立してやってもらえたら・・・
なんて。

|

« 「テラ・ノヴァ」新聞・雑誌記事 | トップページ | sma station3で「伝統芸能海外へ」特集 »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「テラ・ノヴァ」新聞・雑誌記事 | トップページ | sma station3で「伝統芸能海外へ」特集 »