« 週末のテレビ | トップページ | 演奏会のマナーはもう観客任せではダメ。 »

2004.09.11

朝日新聞『ツウのひと声』

9/10の朝日新聞夕刊(東京本社版)の
文化面、<ツウのひと声>コラムに
世田谷パブリックシアターの高萩宏さんが
『狂言は日本語を超えられるか』
というコラムを投稿。

コラムの結論?についてはここに書きませんが
驚いたのは、そこに記述されている
萬斎さんのタフな行動。

なんと「オイディプス王」アテネ公演の後
その足でロンドンに出向き、「まちがいの狂言」を
テキストにイギリス人の役者に狂言の
ワークショップをしたとのこと。

アテネ公演だけでもタフだと思ったのですが
いやホントに凄い。

|

« 週末のテレビ | トップページ | 演奏会のマナーはもう観客任せではダメ。 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末のテレビ | トップページ | 演奏会のマナーはもう観客任せではダメ。 »