« 朝日新聞『ツウのひと声』 | トップページ | 習志野狂言の夕べを観る »

2004.09.11

演奏会のマナーはもう観客任せではダメ。

という話は、しょっちゅうここでも愚痴って
ますが、11日付けの読売新聞夕刊(東京本社版)に
『演奏会 聴衆のマナー考』という記者の
署名記事が出ました。

なんでもクラシック演奏会のマナー向上のために
音楽事務所のジャパン・アーツが2年がかりで
音楽会場でのマナーを訴える内容の
パンフレットを作って配布しはじめたとか。

荷物の置き方から演奏中の動作、果ては
飴のなめ方までかなりこと細かそう。
記者はこの中の拍手の仕方についての項目に
ついて考察をしているが、とにかくもこうした
パンフレットを作らなければならないほど、
クラシックの音楽会もマナーが守られなく
なっている、とも見るべきでしょう。


でも演劇でも似たようなもの。

とにかく今は携帯電話、という演劇の天敵があって
某アイドル出演のシェイクスピア芝居では、なんと
上演中にメールするとんでもない客も見たことだし
もう今や客の良心に訴える、なんて無理。

確かに歌舞伎については昔はみんなご飯を食べながら
見ていたのだから、そんなにごちゃごちゃ
細かいことを言わなくても、という意見もあるけれど
それだって、見せ場ではみな役者の動きに
注目したはず。

チラシ一枚で、そんなに簡単にマナーが治るとは
思わないし、携帯については、劇場内は圏外に
なるシステムを作りでもしなければ、まず無理だとは
思うけれど、とにかくなにか文字で書かれた
ルールはそろそろあったほうが気がしますし
是非とも観劇バージョンをどなたか作って
くれないものでしょうか。

劇場の入り口で大量のチラシを配って
下さることも多いので、そういうところでは
無理かしら?

|

« 朝日新聞『ツウのひと声』 | トップページ | 習志野狂言の夕べを観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

携帯電話のマナーの悪さは、いたる所で目につきますね。観劇中はもちろん、子供の参観日中に着信音が鳴り響くという場面にも居合わせた事があります。劇団四季の公演では、通路ごとに係りの方が並び、「携帯電話の電源はお切り下さい。公演中の飲食はご遠慮下さい。」と声をそろえて歩くのを見ました。又、娘が某アイドルのライブに行った時には、アイドル自身の声で「携帯の電源は切ってね。」と何回も放送があったそうです。その娘曰く、「ああいう場所で電源を切るのは当たり前なのに、何でわざわざ注意するのかな?」だそうです。我娘が偉い訳ではなく、本当に疑問に思ったようです。ちなみに我娘は中学生。大人として、恥ずかしくないマナーぐらいは、身に付けておきたいものです。

投稿: 葉月 | 2004.09.11 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝日新聞『ツウのひと声』 | トップページ | 習志野狂言の夕べを観る »