« 演奏会のマナーはもう観客任せではダメ。 | トップページ | 来年の芝居情報 »

2004.09.11

習志野狂言の夕べを観る

習志野文化ホール

解説:高野
「蝸牛」 山伏・萬斎、太郎冠者・万作、主・深田
「六地蔵」 すっぱ・万之介、何某・石田
       すっぱ仲間・深田・高野・月崎

「蝸牛」は『にほんごであそぼ』でも登場しているので
最近はかなりメジャーですが、内容は他愛なく、
どちらかというと、楽しい囃子ものを楽しむ曲かなと。

万作・萬斎のコンビで観られるとは思わなかったので
貴重。

「六地蔵」はすっぱ仲間のいいかげんな印相が
毎回一番笑える。
万之介さんは、こういうすっぱものを演じられると
漂う飄々とした雰囲気が、すっぱが何をやっても
余り悪人にみえないというところが面白く思える。

(今回も携帯が。ああああ)

|

« 演奏会のマナーはもう観客任せではダメ。 | トップページ | 来年の芝居情報 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 演奏会のマナーはもう観客任せではダメ。 | トップページ | 来年の芝居情報 »