« 「ミス・サイゴン」情報(18) | トップページ | 親子二代で蜷川さんのお芝居に。 »

2004.09.28

「満月の会」

今日の話で全然間に合わないのですが、志の輔師匠が
青山の銕仙会能楽堂で落語<満月の会>
茂山家の狂言、笛奏者の雲龍さんの笛など。

落語と狂言、あまり接点はなさそうですが
例えば狂言「六人僧」は落語の「大山詣」の元に
なっていますし、最近では、やはり茂山家が落語作家と
組んで新しい伝統芸能(という言葉が正しいか難しい
ところですが)『落言』つくりの試みをはじめたり
(くわしくはこちら
「あたま山」をアレンジした「さくらんぼ」を
上演したりしています。
茂山家は落語との<競演>は多いようですね。

ちなみに、「あたま山」をアニメーション化したのが
オスカー始め、世界的な映画祭で賞を総なめにした
「頭山」。ナレーションが国本武春さん
(先日の「解体新書」のゲスト)

その国本さんの<帰朝(日本語が古いか)報告公演>の
評が27日付けの朝日新聞(東京本社版)の夕刊に
掲載されていました。

|

« 「ミス・サイゴン」情報(18) | トップページ | 親子二代で蜷川さんのお芝居に。 »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ミス・サイゴン」情報(18) | トップページ | 親子二代で蜷川さんのお芝居に。 »