« 「ミス・サイゴン」を観る(7回目) | トップページ | 「新選組!」また一人・・・ »

2004.10.17

「響の会」12月公演

12月18日の研究公演は
2時半と5時半の2部制。

番組は次のとおり
<1部>
仕舞 三輪  浅井文義
    山姥キリ  浅見真州

能「松風」  シテ:清水寛ニ
        ツレ:西村高夫
        ワキ:工藤和哉
        アイ:野村萬斎

<2部>
狂言「舟ふな」
       太郎冠者:石田、主:遼太
       後見:万作

能「通盛」   シテ:野村四郎
         ツレ:山本順之
         ワキ:殿田謙吉
       ワキツレ:芳賀俊嗣
        アイ:深田博治

ううむ、またもまたも「松風」でございますね!
ほんと~に好きだなあ。

会場:銕仙会能楽研修所(青山)

|

« 「ミス・サイゴン」を観る(7回目) | トップページ | 「新選組!」また一人・・・ »

「能&狂言」カテゴリの記事

「野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

と、いうことですみません松風です。「熊野松風は飯の種」とも「飯の味」とも言うそうな。飽食の現代に江戸時代の飯の味を言われてもちょっとと思いますが、やはり当たり障りのない選曲ということになってしまうのでしょう。「道成寺」もやたら多い気がしますが、いつもこんなものなのでしょうか。

投稿: 松風 | 2004.10.19 00:06

松風さま、そういえば言いますね「飯の種」。そういえば、先日某師が『来年は大河ドラマが<義経>なので、平家物語系の演目をやることが多くなりそうです』とおっしゃっていました。当然のことながら『安宅』も増えるでしょうね。これも<安宅関(あたかのせき)>との語呂合わせで『又か(またか)の関』って良く言われるそうですが。こちらは何しろシテ方、ワキ方はじめ出演者が多いですしね・・?!

投稿: かのこ | 2004.10.20 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20113/1706704

この記事へのトラックバック一覧です: 「響の会」12月公演:

« 「ミス・サイゴン」を観る(7回目) | トップページ | 「新選組!」また一人・・・ »