« 『観世榮夫喜寿祝賀 銕仙会特別公演』を観る | トップページ | 「響の会」12月公演 »

2004.10.17

「ミス・サイゴン」を観る(7回目)

ここまで3キムは観たので、どうせならと
最後の一人、知念里奈さんのキムの回をチョイス。

プリンシパルは

エンジニア:筧利夫
キム   :知念里奈
クリス  :坂元健児
ジョン  :石井一孝
エレン  :高橋由美子
トゥイ  :Tekkan
ジジ   :高島みほ

高島さんも初見、Tekkanさんは久しぶりでした

1階後方A席にて。

やはり初見の役者さんに目が行くのだけれど
高島さん、3人のジジの中では一番ソフトな
ビジュアルですが、意外に声に迫力があり
(特に「Backstage of Dreamland」のあたり)
びっくりしました。

石井ジョンは本当に「Dreamland」ではセリフは少ない
ですが、うろうろと色々細かい芝居をやっています
サックス吹きに毎回色々アドリブで声をかけていて
結構バリエーションが多いので笑ってしまいます

石井さんと坂元さんのコンビは結構好きですね。
ちょうどビジュアルのバランスがいいというか。
で、石井さんのクリスはやはりガタイの良さで
今井さんとのコンビがベストでしょう。
(井上さんはどうもGIに見えなくて・・・)

知念さんと坂元さんの組み合わせは背の高さが
近くてとてもGIとベトナム人に見えないという
気もしましたが、余り背丈が違うと、
「The last night of the world」のデュエットで
クリスが前のキムの首を締めてしまうか、
キムが常につま先立ちで大変そうに見えてしまうので
その意味ではバランスは良かったですけど。

知念さんのキム、全体にちょっと頑張りすぎというか
額に力が入ってしまっていて、特に前半は
見ているこちらが疲れる感じでしたが、2幕は
細かいセリフまで凄く良く聞えるし、思いつめての
ホテルでのエレンとの<対決>での迫力は
これまでの中でもかなり印象的でしたが、これには
エレンの高橋さんの受けも必要で、今回は
高橋さんも音域がかなりすっきり出ていて
すばらしかったです

特に「Finale」でのキムは凄く良くて、
ラストのくせにこのシーンは妙にあっさりなので、
すすすっと終わる感じがするときがあるのですが
今回はちょっとぐっときましたね。
回りも結構すすり泣きの声が聞えていましたし。

Tekkanさん、前回は線が細くてちょっとと思いましたが
ぐっと成長していて、良かったです
迫力は泉見トゥイに負けるところはありますが
手の動きとか、何気ないところが綺麗で
押し一手で暑苦しさも感じがちなトゥイの
別の面が見えた気がしました。

さて、毎度毎度の筧エンジニアですが、
ほぼスタイルが見えてきた感じで、
色々ガチャガチャやっているのを見てきましたが
到達点は意外に端正な感じになりそうです
(American Dreamとかを見るとそんな気がする)

個人的にはエンジニアの大曲3曲も勿論だけれど
「The morning of Dragon」の
独白のあたりが凄く好きで、あそこでの
エンジニアのへこたれない根性がはっきり見えると
最後まで舞台を走り回るエンジニアに
一貫した理由が見えてくる感じがします。

「~Die in bed」のラスト、キムとタムの入りの直前の
ところと、タムを抱いたところがいつも声が不安定に
なっていたのもすっきりクリアしていて、8月末に
見た時の不安はとりあえず無くなった感じ。
(他のエンジニアとの歌唱力の差を今更指摘されても
 困るってば困るのでここでは不問)

「バンコク」の出のアドリブ、客席が満席ではない
時はちゃんと「二階まで満席です」といわないところが
律儀で、今日のは1階を指して「あのあたりは
いっぱいです」と言ってましたね
出は「久しぶり~」と「ルパンじゃないのよ」
「久しぶり~」は市村さんが前に言っていたかな。

今回はラストシーンのものすごい緊張感もあってか
カーテンコールが凄い盛り上がりを見せ
スタンディングオベーションの繰り返しに。
筧くんが坂元くんに大げさに挨拶させたり、
オケピに飛んだ花束を拾おうとしたり、毎度のことながら
筧さんのカーテンコールでの動きは見ていて楽しい。
(そういえば、2階席にむかっても色々仕草をしてましたが
 あれは「立て!」「立て!」とやっていたのかも)
お客の乗りも良かったかな。

ただ、ところどころ拍手のフライングがあって
「I believe」の後なんて、本来拍手がくる、エンジニアの
入室の前のところまでに拍手が終わってしまって
ヘンな間ができていたのは残念。

尚、プログラムは2回目の改定をしていて
(つまり3バーション目)、坂元さんのクリス、
岡さんのジョンの舞台写真の追加を中心に
(平澤ジジの写真も表情の違うものに変更)
10ページ以上変わっていました。

またロビーには15日現在の空席情報一覧表が
置かれていましたが、当初売りきれていたはずの
日曜ソワレとか意外な回に空席発見。

ともあれあと1ヶ月。
どれだけ駆け込み購入があるでしょうか?
(自分も含めて・・・・)

しかし、かなり回数を見てくると、どうもこうも
納得できない<日本語訳>が数カ所気になってきます
役者さんたちの熱演があるだけに、尚更なのかも
しれませんが。

代表的なのは「ブイドイ」の<ゴミクズ>
初見の人だと冗談かと思うかもしれないし、
援助しようと言っておいてクズはなかろう、と、
各ジョンが朗々と歌い上げる度、
役者さんたちに違和感はないのか、
「その翻訳で本当にいいのか!」と思います
「dust of life」、なんか無いでしょうか、
もうちょっと良い訳って。

|

« 『観世榮夫喜寿祝賀 銕仙会特別公演』を観る | トップページ | 「響の会」12月公演 »

「ミス・サイゴン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『観世榮夫喜寿祝賀 銕仙会特別公演』を観る | トップページ | 「響の会」12月公演 »