« 勘九郎丈、菊地寛賞受賞 | トップページ | 『観世榮夫喜寿祝賀 銕仙会特別公演』を観る »

2004.10.16

「紅葉能」を観る

アミュー立川

解説
能「高砂」 前シテ:梅若紀長、後シテ:梅若万佐晴
       ワキ:森常好 アイ:高野和憲
狂言「柿山伏」 山伏:萬斎、柿主:高野
能「松風」 シテ:梅若万三郎、ワキ:森常好
       アイ:竹山悠樹

狂言を挟んで能2曲、13時開演で17時少し前の終演。

最初の予定より解説が10分長くなっていたのは
ひょっとすると、同時刻に国立でスタートの
「万之介の会」の1曲目に「膏薬練」に出演してから
立川に移動の萬斎さんの<強行>スケジュールに
配慮した(保険をかけた?)からかもしれません

ちなみに萬斎さんはこの後、さらに夜下館(茨城)
の公演にいかれたはず。
さすが<能繁期>です(半分ちょっと皮肉)

「高砂」は能を知らなくても最後のあたりの
 「高砂や この浦舟に帆を上げて~」は
 結婚式などで謡われるので有名。
 全体に祝言の雰囲気が溢れて
 こういう曲を観るのは本当に楽しいです
 「神舞」も迫力がありますしね。

「柿山伏」
 15分ほどの小曲ですが、何よりあの小さな
 葛桶の上で山伏があれだけの動きをするのに
 かなり感心。
 これをアレンジしたのが「にほんごであそぼ」で
 演じられていますが、オチが
 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」
 どうしてそうなっているのかは、番組を見ていただくしか
 ないのですけど。
 もちろんオリジナルの方が面白いのは
 言うまでもありませんが。

「松風」
 狂言に比べたら見に行く回数の圧倒的に少ない
 能ですが、どういう訳かやたらと良く見ることに
 なっている曲。
 人気曲(演じる側に?)なのだと思いますけれど、
 個人的にはどうも好きになれない曲です。
 長いっていうのもあるんですけど(素人発言)
 初心者の私にはもうちょっとどこか盛り上がって
 くれる見せ場がないと、集中力が持たないんですよね
 (とほほ。今回も落ちました・・という言い訳です)


 

|

« 勘九郎丈、菊地寛賞受賞 | トップページ | 『観世榮夫喜寿祝賀 銕仙会特別公演』を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勘九郎丈、菊地寛賞受賞 | トップページ | 『観世榮夫喜寿祝賀 銕仙会特別公演』を観る »