« 「紅葉能」を観る | トップページ | 「ミス・サイゴン」を観る(7回目) »

2004.10.17

『観世榮夫喜寿祝賀 銕仙会特別公演』を観る

国立能楽堂

連吟『猩々』 銕仙会一同
狂言『舟渡聟』 舅:万作、聟:萬斎、姑:万之介
能『姥捨』 シテ:観世榮夫、ワキ:宝生閑
       ワキツレ:工藤和哉、大日方寛
       アイ:山本東次郎

ご一同が全員舞台に出た連吟は迫力満点でした。

そして狂言。
もちろん萬斎さんの聟の、舟が揺れるのに
合わせて座ったまま飛び上がり
足を左右に入れ替えながら落ちる、という
ものすごく大変な身体の動きには毎回
驚かされるのですが、やはり見どころは万作さんの舅。
緩急自在、小さな動きまでの一つ一つが端正で
美しく、また二人の呼吸の会い方もすばらしく
この親子での「舟渡聟」はビジュアルも含めて
本当に<眼福>です

休憩を挟んでの能。
初めて見る演目なので、普段の演じ方とどこか
違うのかとかもわからないのですが、ともかく
後シテの真っ白の装束が美しく、また
「序の舞」の動きには目を奪われました。
アイでの出演がとても多い、東次郎師の
アイも初めて拝見しましたが、声の通り、
山本家らしい謹直な雰囲気の漂うアイでした。

記念公演ということで、かなり広い年齢層の
お客様がおいででしたが、意外にも能鑑賞に
慣れたように見える、年配の方が携帯を見所でも
平気で電源をオンのままにしていたり、
鈴付きの財布やかばんのチリチリ音、
堅い紙だったプログラムを気遣いなく演能中に
ガバガバとめくり、飴の紙をゴソゴソと
なかなか気の散ることでした。

携帯は公演中はならない仕掛けになっている
とはいえ、「別に切らなくても大丈夫よね」と
自覚していてオンのままにしている、というのは
あららら、という感じ。

そろそろ見所のマナー集って紙でも作って
プログラムと一緒に配りませんか?能楽堂も。

|

« 「紅葉能」を観る | トップページ | 「ミス・サイゴン」を観る(7回目) »

「能&狂言」カテゴリの記事

「野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

相変わらずお忙しい万作家の方々・・・そしてギャラリーの私たち!?
私は三鷹の「東西狂言の会」へ出かけました。石田さんの解説は大好きです。
身近に狂言を楽しむということに徹した演目(「寝音曲」と「業平餅」)で
和やかに笑い、のんびりした秋の午後となりました。
そういえば観客マナーも、殆ど気にならなかったのでした。えらいぞ三鷹。

投稿: きびだんご | 2004.10.17 23:14

○きびだんごさま
 三鷹、珠玉の2曲だったのでしたね。
 「寝音曲」は演者さんの技量だけでは
 持っていけないところがあると思うので
 千之丞さんの、聞きたかったです

 三鷹のように毎年定例でやっているところでは
 マナーが凄く良いところが多いですね。
 舞台というのは何と言っても演者だけが
 良くてもダメですものね。
 幸せな会で本当によかったです
 

投稿: かのこ | 2004.10.17 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「紅葉能」を観る | トップページ | 「ミス・サイゴン」を観る(7回目) »