« 「怒りをこめてふり返れ」を観る | トップページ | 「冬の運動会」リメイク »

2004.11.03

家庭画報12月号

京都の狂言師・東京の狂言師と題して
千作師と萬斎さんの対談が掲載されています。

京都と関東の狂言の有り様、現在の状況、
能との関係、年代における違いとか
色々と面白い話が展開しています。

ちなみに千作師の孫、正邦さんに
双子の男の子が生まれたとの事。
相変わらず茂山家は男性の後継ぎに
事欠かず、おめでたいことです。

そのひ孫と一緒に「靱猿」をやるために
あと5~6年は現役で居ないと、という
千作師のお言葉、きっと実現するのでは?
と思わせますね。

|

« 「怒りをこめてふり返れ」を観る | トップページ | 「冬の運動会」リメイク »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「怒りをこめてふり返れ」を観る | トップページ | 「冬の運動会」リメイク »