« 「和楽」12月号 | トップページ | 万作さんインタビュー »

2004.11.11

イタリア人の狂言。

10日の日本テレビ系「笑ってこらえて」で
イタリア人が日本語で狂言公演をするというのを
追いかけた特集が約30分くらいにわたって
オンエアされていました。

この話題、8月にこのブログでもちらっと
触れていたのですが(よかったら見てください)
こういう時間枠で特集されるとは思いませんでした

狂言についての説明VTRでの「棒縛」
太郎冠者は万作さんだったかも・・
(ちらりと見ただけなので、確信なし)

それにしてもなかなか上手いものでした。
って、ギリシャ人が萬斎さんの「オイディプス王」を
見たり、イギリス人が「まちがいの狂言」を
見たりする時もこういう感覚で見ているのかなとも
思いましたが・・・(まあ萬斎さんのはどちらも
自分の母国語で公演をしてますので、少し
条件は違いますが)

|

« 「和楽」12月号 | トップページ | 万作さんインタビュー »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「和楽」12月号 | トップページ | 万作さんインタビュー »