« 「喪服の似合うエレクトラ」を観る | トップページ | 新国立劇場、来年7月は白井晃演出。 »

2004.11.17

劇場観客のマナーって・・・

いつもの観客に対する怒り愚痴です。

不快で超個人的な憂さ晴らしなので
興味の無い方は次の記事へどうぞ!

驚きましたね、今日は。
劇場で「携帯電源オフ」アナウンスが延々と流れ
「ミス・サイゴン」はわざわざ当日のエンジニア役が
(録音だけど)毎回電源切ってねお願いを
しているのですが、ちょうどそのアナウンスをしている
時に隣の二人連れがずっと携帯電話について
手に携帯を持ったまましゃべっていて、電源を
切ってしまうかなと思ったら、そのまましまおうと
するので、さすがに気になって
「アナウンスもしているので、電源切ってください」と
言ったら「(マナーモードにしてるから)大丈夫よ」
だそうです。

そういう問題じゃないでしょう。
しかも「ほら、切ってるじゃない」と言ったもうお一人
電源入ったままです。見事に。
知らなかったらしんですよ、本当に
「電源を切る」ボタンがあることを!
そして「電源を切る=マナーモードにする」と
思っていたらしい。
で、とどめが「あなたは心臓でもお悪いの?」
「言い方がきついわよ」
でした。
50代くらいの、お上品なファッションで、品の良い
方たちだったので、申し上げれば判ってくださるのなと
思ったらまったく逆で、マナーを注意して逆切れされ
ちゃいました。
しかも開演してからもかばんゴソゴソさせ続けるし
うんざりでした。

さらにその向こうの席のお二人は開演から
延々と芝居そっちのけで私語を続行。
生の舞台は自宅のテレビではありません
どうか、いちいち「あれは誰?」「歌上手ねえ~」と
言わないで下さい。
感想は休憩中に。
飴をなめるなら、あらかじめ出しやすいところに
持っていて下さい!

まあ、平日の昼間となると、「ミス・サイゴン」を
見に来ている人と同じ位に「帝劇にお芝居
(タイトルは知らない、もしくはタイトルは知ってても
内容や出演者はしらないけど)を見に行く」
っていう人がいるみたいで、舞台に対する
思い入れとか気合いの入り方が違うのだから
しょうがない、といわれるのかも知れませんが、
思い入れと関係無く、芝居を見るときの
最低限のルールが守れない人は見に来る
べきではないと思います
せめてアナウンスされた内容くらいは従ってください。
(ちなみに新国立の「喪服~」上演中に
 なりましたぜ、案の定、かわいい~
 着メロがっ!!)

|

« 「喪服の似合うエレクトラ」を観る | トップページ | 新国立劇場、来年7月は白井晃演出。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

も、ものすごく共感します!すいません、私も愚痴らせてください!

わたしも先日七回目のミスサイゴンを見に行ったときのことなんですが、隣に座った母娘が、幕が開いても「あれがジョン?」だとか「やっぱりうまいわねえ~」だとか話しているので、3分くらい我慢した後に「すいません、ちょっとうるさいです」と一言注意したんですよ。

するとカーテンコールが終わって蛍の光さながらのオケが始まると「そんなにうるさかったかしら、ごめんなさいね~」と娘が私の肩を叩きながら話しかけてきてわたしはまだ余韻に浸っているというのにぶち壊すな!と思いながら、ちょっとだけお愛想で口角をあげて、「まあ、はい」と応えたら、その母が「ずいぶん神経質な人ねえ」と言ってくるんですよ!もう呆れかえってしまいました。その後も二人は私のコメントに関して話していたみたいなのですが、すっかり不愉快にさせられた私は早々に席を立ちました。

あれがおそらくミスサイゴンを見れる最後の日だったというのに…確かに私の思い入れの深さも尋常ではないでしょうが、それにしても非常識な母娘でした。

すいません、長々と書いてしまいました。御サイトはいつも情報が早く、重宝させていただいております。

投稿: KAORI | 2004.11.17 01:13

KAORIさま
はじめまして!
お気持ちわかります!
せっかく楽しみにしていた観劇の印象や感動が
こうした芝居以外の要素によって一気に打ち砕かれるのは、
もうたまらないですよね。
「感じ方は個人それぞれなのだから
 あなたの意見を押し付けるな」
と言われるのも承知の部分ではありますが
何百人もの人と、そして役者さんと同じ空気を
共有することが舞台鑑賞の最大の楽しみ・醍醐味で
ある以上、自分だけでなく周囲の人も快適に
楽しめるようなちょっとした心配りはするのは
当然だし、その場のルールは守るのは
オトナの常識だと思うのですけど・・・
別にこれ、劇場や映画館に限らず、公共の場所は
みな同じですが、気がつかない人がいて、
言うと波風が立つ、結局ルールを遵守し、
それを口にした人間の方が不愉快な
気持ちになる、というのはどう考えても
割にあわないですね

でもめげずに?劇場に行きましょう!

投稿: かのこ | 2004.11.17 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「喪服の似合うエレクトラ」を観る | トップページ | 新国立劇場、来年7月は白井晃演出。 »