« ネスカフェ「香味焙煎」CMに文楽編登場 | トップページ | 映画「オペラ座の怪人」ヒロインが試写会で生歌披露 »

2005.01.16

「銕仙会一月定期公演」を観る

宝生能楽堂。
今年の最初の能鑑賞はやはり「翁」。

今回は万作門下の石田師が三番叟、
竹山師が面箱持で出演。
(万作師と高野師が狂言後見)

「三番叟」は萬斎師のは相当拝見していますが
石田師は初見。
やはり万作師の流れを汲んだ、くっきりとした
そして萬斎師よりは地面になじんだ感じの
力強さを感じるものでした。

「翁」のあとの狂言は「佐渡狐」
 万作師のシテ(佐渡のお百姓)、
 深田師のアド(越後のお百姓)、
 万之介師の小アド(奏者)

能公演でも狂言はどうしても休憩という雰囲気が
あったりして、見所がおちつかないのですが
そこはさすがに万作師、絶妙の呼吸で
見所を引きつけ、特に後半、万之介師との
やりとりが絶妙で、そんなに回数は見ていない
ですが、私がこれまでに見た「佐渡狐」の
中で最も満足度の高いものだったように
思います。

最後の能は「求塚」
塚に入っての物着(といえるのか判りませんが)
というのを初めて見ましたが、席が中正面
だったこともあって、後見の作業も見えて
面白かったです。
笛が一噌隆之さん、大鼓が亀井広忠さんということで
囃子方がものすごく若くて元気な印象でした

見所のマナーもすばらしく
携帯もなりませんでしたし、無作法な拍手もなくて
落ちついて今年最初のお能を拝見することが
できました

能はまだまだ初心者ですが今年もできるだけ
観て行きたいと思います

|

« ネスカフェ「香味焙煎」CMに文楽編登場 | トップページ | 映画「オペラ座の怪人」ヒロインが試写会で生歌披露 »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

お弟子筋を除けば、かのこさま程「お能」を観ていらっしゃる方はそうそういないのではと思います。現代劇をみる同じ厳しさで「お能」についても書いてくだされば、面白い能への羅針盤になるのにと勝手に期待してしまいます。わからないくせに能楽堂に引き寄せられる身、是非に是非にのお願いです。

投稿: 松風 | 2005.01.16 20:43

かのこさま。今年もいろいろ情報&刺激を楽しみにしています。
私も「翁」で今年の能鑑賞がスタート(@観世九皐会)。
これから能を見ていこうとしているヒヨッコですが、よろしくお導きくださいませ。

投稿: きびだんご | 2005.01.16 22:21

松風様
いえいえ、私の観能はほとんどが
能でなければ見られない「アイ」狂言
目当て、という不順な動機の上に
松風さまのような詳細な観察眼もなく
お恥ずかしい限りです(笑)
松風さまの豊富な知識で、また是非
厳しいご意見やフォローをお願いいたします


投稿: かのこ | 2005.01.16 23:49

きびだんごさま
そうですか!
萬斎さんが三番叟を踏まれる能会は
いつも盛会とお聞きしているので
そもそも諦めていた会でした。
ご装束などはいかがでしたか?
ちなみに今日の石田師の装束は黒地に白で
向かい合わせの鶴柄、裾に若松という
重厚な印象のものでした

また今年も様々なご意見など
コメントお待ちしております

投稿: かのこ | 2005.01.16 23:54

かのこさま。
観世九皐会の定例会で、三番叟は三宅右矩師で見たのです。
ちなみに来月は萬斎師「貰聟」のようです(能は「屋島」!と「小鍛冶」)。
今年から定例会が指定席方式に変わったのは、
萬斎師の時に観客が殺到するからでは、と。

投稿: きびだんご | 2005.01.17 00:36

きびだんごさま
「三番叟」演者の件勘違いいたしました(^^ゞ

九皐会のサイト見てまいりましたが
チケットの発売方法が複雑すぎて
判りませんでした(苦笑)
演目と演者を見てから買う、という
人には若干不利な方式なのかなあとは
ちょっと思いましたが・・
まあ私のようなミーハーが押し寄せなくて
良いかも知れません(笑)

投稿: かのこ | 2005.01.17 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネスカフェ「香味焙煎」CMに文楽編登場 | トップページ | 映画「オペラ座の怪人」ヒロインが試写会で生歌披露 »