« 舞台情報あれこれ | トップページ | 「能楽堂で聴く落語、寄席で見る狂言」(1日目の夜) »

2005.02.20

「能舞台で聴く落語、寄席で見る狂言」を観る(1日目の昼)

翌日の夜まで(にぎわい座→能楽堂)×2の4回公演。
もちろん全部見たかったのですが、仕事の都合で
「一人狂言」「二人落語」という、一番のこの企画の
見物は外して、1日目の昼夜のみ鑑賞。

まずはにぎわい座へ
花緑さんの話によると、このチケットは数十倍の
競争率(先行で抽選があった)で、一般発売の
日は朝4時から並んだ人がいたとのこと。
(それも萬斎さんファンだったとか、びっくり!)

開演前に法被を着た係の人が携帯電源オフを
呼びかけに登場。そしてなんと「携帯の電源の
オフの仕方」を説明するために、懐から
普通の家電の受話器を取り出して
「こういう形の柄が下向きに描いてあるボタンを
 5秒くらい押すと電源が切れます」
と超具体的に説明。
確かに電源ボタンの存在、電源オフの仕方を
知らない人を実際私はかなり見知っているので
受話器を取り出したところで笑ってないで切って!
と心の中で叫んだのは言うまでもありません

まず萬斎さんの狂言「柑子」
緞帳が上がっただけでこんなに笑いが起こった
狂言も珍しいでしょう。
何しろ、めくりに独特の寄席文字で「野村萬斎」と
書いたものが立ってましたし、橋掛かりは当然なく、
かわりに下手になにやら小さな衝立のようなもの
(後で正体がわかる)が立っているだけ、さらに
揚幕代わりは朱色の暖簾で、それがすうっと横に
引かれるだけですので登場人物あっという間に
本舞台(というか、出たらすぐなんですけど)
そして正面には鏡板の代わりに襖、鴨居には
<笑門来福>の扁額がかかるという状態。
まじめな顔で深田さん、萬斎さんが出て
いらしても、客席は笑いの渦だったのは仕方有りません。

舞台の奥行きが能舞台の半分もないので、実に動きにくそう。
もちろんもともとこういう舞台面積だということで、余り動きの
ない「柑子」を選んだということでしたが。

「柑子」自体は短い曲ですぐ終了。
前に万作・万之介コンビで観たことがありますが
こうした語り中心の曲だと、余計演者のキャラクターや
持ち味の違いがくっきりと見えてくるものですね。

後半は花緑さんの「大工調べ」(前半のみ)
落語は相当前に新宿の寄席に聴きに行ったことがある
だけで、もちろんこの話は初めて。
前半のみ、だったために、なぜこのタイトルなのかも
判らないし、何しろ狂言と違ってセリフが膨大で
筋がなかなか進行しないので、テンポについていく
のが結構大変でした
(多分、落語を聞きなれている人は余りに説明も
少なく、動きも様式化された狂言は同じように
面食らったと思いますけど)

狂言と落語のあいまの転換で、狂言の時の
「橋掛かりの欄干」の正体が判明。
なんと本来は上手下手の出入り口を客席から目隠し
するために立ててある、背丈ほどの白木の衝立を
利用して、それを寝せて欄干代わりにしていたのでした
それをみつけて転換の時も客席は受けてました

落語のあとは15分の休憩を挟んで、萬斎さん花緑さんの
「対談」
二人は洋服に着替えて椅子に座って、というスタイル
萬斎さんの高座公演の感想、二人が共に出演している
「にほんごであそぼ」はなし、そして一応タイトルにあった
「太郎冠者と与太郎」話が50分くらい

時間が出来たらトークは別途アップします

|

« 舞台情報あれこれ | トップページ | 「能楽堂で聴く落語、寄席で見る狂言」(1日目の夜) »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。都弥乃と申します。
いつもお邪魔させていただいてます。
私は19日のお昼の部に行きました。
自分のブログにも書いたんですが、あの
携帯電話に関する注意には、驚きとともに
ちょっとした感動がありました。

以前、拝見したこちらの記事で、新国立劇場での
携帯電源に関する問答がありましたよね?
私は真っ先にそのお話を思い出しちゃいましたよ。

今後もお邪魔させていただこうと思ってます。
よろしくお願いします。

投稿: 都弥乃 | 2005.02.21 21:40

都弥乃さま
コメントありがとうございます
まったく我ながらどうして
舞台を見に行って書いてるコメントが
客席のマナーへの文句(つまり
同じ立場の人間への)ばかりなのかと
悲しくなりますけれど・・・

また感想などお聞かせ下さい

投稿: かのこ | 2005.02.21 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舞台情報あれこれ | トップページ | 「能楽堂で聴く落語、寄席で見る狂言」(1日目の夜) »