« 「横浜アートLIVE2005」【狂言私の1曲】を観る<12日昼> | トップページ | 「新編・我輩は猫である」上演 »

2005.03.13

「横浜アートLIVE2005」【大狂言会 私の1曲】を観る<12日夜>

夜の部は更に昼よりも客が減る。

最初にはっきり言わせてもらいますが、風邪、特に
咳の症状が酷い人、それから花粉症の対策を
講じないままの人は、他のお客さんの迷惑になるので
是非症状が治まるまではホールにおいでにならない
様お願いしたいものです。

ご本人は気合いを入れて(多分)取ったチケットを
無駄にしたくない、貴重な公演だからと
無理をしておいでになっているのでしょうが、
貴重な公演と思うのは他の人も同じ事。
頻発する咳をはじめとする、各種の症状から発せられる
音が周りのお客さんの集中を殺ぐのですし、
特に風邪の場合は移る危険性があるわけです。

舞台上の方への迷惑にもなりますし
本当に考えて欲しいです。

それから狂言の笑いは他のいわゆる「お笑い」
とは違います。
笑ったもの勝ち、じゃないんです。
癖だから仕方ないのかも知れませんが、他人を
驚かせるほどの声で笑うのはやめて欲しいです。
ご本人はすっきりストレス発散だと思いますが
周囲ははっきり言って迷惑です。

・・・と先に見所の客への注文ばかり書いて
しまいましたが、ともかくも公演内容へ。

まずは茂山七五三&正邦師の「膏薬練」
面白いのは万作家と膏薬の成分が違うこと。
相当凄いものの羅列で笑いました。

去年でしたか、セルリアンタワーで萬斎師のを
見た時は、演者が両面テープ?で顔に
貼った半紙が何度も落ちて大変だったのですが、
茂山家ではマスク様に耳に紐でかけていて
これなら落ちませんね。
最後のオチが恐ろしくあっという間で、何を
言ったのか聞き取れなかったのは私の集中力が
欠けていたから??

次は万之介&石田&高野師の「呂蓮」。
このところ万之介さんのシテが私はすごく
面白く感じていて、今回も最終的には
いいように責任を押し付けられてしまう損な
役回りの僧を実に楽しそうに演じておられた。
そして高野さんの強烈な妻もなかなか。

最後は東次郎師の「米市」
私は初見でしたが、「合力米(ごうりょくまい)」と
言われる施し米とか、俵に入れた米を「俵藤太の娘」とか
という、今の人にはちょっとわかりづらいところが
ポイントになっているので、ちょっと笑いづらい話
でしたが、東次郎師演じる男が、俵に小袖を着せた
物に対して本気のように話しかけるところが
ほのぼのとして印象的。そして解説にご本人も
書かれていましたが、何と言ってももらった米、
ということでラストに力強く持ち上げるところが
すっきりとしていてよかったです。
それにしても東次郎師、昼夜ともにほぼ出ずっぱり
動きっぱなしの大活躍。
軽がるとした動きと共に印象的でした。

|

« 「横浜アートLIVE2005」【狂言私の1曲】を観る<12日昼> | トップページ | 「新編・我輩は猫である」上演 »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「横浜アートLIVE2005」【狂言私の1曲】を観る<12日昼> | トップページ | 「新編・我輩は猫である」上演 »