« 遅れてきた客を席に誘導するタイミング | トップページ | 「義経」に小栗くん登場 »

2005.04.23

国立能楽堂「狂言の会」を観る

名古屋・狂言共同社、茂山忠三郎+茂山千之丞、
野村万作家、と豪華な狂言三本立て。

『朝比奈』
 万作家で何度か見ている曲ですが、
 若干装束とか拵えに違いがあったかも?
 (鬼の髪型?は少し違ってました)

 ただ、肝心の朝比奈の和田合戦の語りは
 少し平坦だった気もします

『惣八』
 忠三郎師と千之丞師の「惣八」
 今これを見られる幸せ!という感じですね
 お二人の緩急自在(というか、緩 緩自在?)の
 芸が印象的。
 主人役の方の声が忠三郎師、千之丞師の
 張りのあるものに比べるとちょっと弱くて
 聞き取りづらかったのが残念かな。

★minekoさまのご指摘をいただき
 千五郎師→千之丞師
 の訂正をいたしました(かのこ)


『老武者』
 初見
 狂言社や又三郎家からも出演応援を願っての
 能仕立ての大掛かりな曲。
 
 何かしようとして断られてことに腹を立てて
 大勢の手を借りて押し寄せる、というのは
 『髭櫓』にもあるパターンですが、今回は
 それが老人軍団、というのがまた笑いを誘います。

 裕基くんの稚児は、唐織に青の袴、
 真中に分け目のある鬘に頬に白と赤で化粧?も
 していてなんとも可愛い。
 「まんじゅうが食べたい」とか盃を舌で舐めたりとか
 大人たちが舞って盛り上がっている最中に
 寝てしまったりと、動きもたくさん。

 萬斎さんはその稚児を連れている三位という役(アド)。
 水衣に網代柄の括り袴、頭巾という
 いでたちですが、稚児の保護者という、実際の
 親子関係と同じ役割なので、微笑ましく
 また稚児をかばっての姿は、「靱猿」の猿曳っぽく
 もあり、なかなか美しかったです

 老人と若者の世代間の争いと言いつつ、最後は
 老若和解して、稚児を手車にしての賑やかな入りも
 すばらしく、(先週の「鈍太郎」も連想しましたが)
 また万之介師のシテも、最後、幕入り直前、
 決まりのポーズをしようとして ちょっとよろける
 あたりがもうツボでした


|

« 遅れてきた客を席に誘導するタイミング | トップページ | 「義経」に小栗くん登場 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お言葉に甘えて来てしまいました。
見応えのある会でしたね。「老武者」は昨年の「歌仙」同様、国立ならではの豪華な曲で、こういう、いわゆる「遠い曲」を見られるのは幸せだと思います。まして、稚児(「柳の下」の小舞いはまさにこの曲のためのようですね)と老人が鍵になるということは、野村家にとっても「今ならでは」なのでしょうね。裕基くん、次から次へと新しい曲に挑戦していますが、お稽古も大変なんだろうなぁと想像してしまいます。

あと「惣八」千五郎師でなくて千之丞師ではないでしょうか?千之丞師は傘寿とは思えないほど艶やかですよね。

投稿: mineko | 2005.04.23 21:01

minekoさま
確かに「千之丞」師でした
ご指摘ありがとうございました!

投稿: かのこ | 2005.04.24 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遅れてきた客を席に誘導するタイミング | トップページ | 「義経」に小栗くん登場 »