« ポスター貼り専門会社「ポスター・ハリス・カンパニー」 | トップページ | 国立能楽堂「狂言の会」を観る »

2005.04.23

遅れてきた客を席に誘導するタイミング

あとでアップしますが、国立能楽堂に
「狂言の会」を見に行って今回びっくりしたのは
遅刻してきた人が大変多いこと、また遅刻して
きた人を、上演中にその人の席がどんなに
列の真中でも、誘導してしまう、スタッフの
誘導法でした。

国立能楽堂はそれでもまあ席前の空間があるほうですが
それ以前の問題として、定時に来て見ている客の
視界を遮って座らせ、当然座った人はチケットをしまうか
オペラグラスを出すか、上着を脱ぐかで暫くゴソゴソ
物音がする。こちらは気が散る。
そういう事をスタッフが全く考えていないのが
おかしいと思いました。

賑やかな演目ならまだ音くらいは気にならないかも
しれませんが(それでも私はイヤですが)、
能や狂言という、空間と音(無音も)が
大切な要素である能楽堂での誘導法ががこれでいいの?
と思います。

特に22日は三つの異なるお家の狂言競演でしたので
なおさら定時に揃わなかったのかなとも思いますが
とにかく、後ろの方の列で見ていると、舞台と同じくらいに
見所に遅れてくる客が目に入って気が散りました。
遅れてきた客の周りの方は尚さらでしょう
狂言など長くても50分です。
そのためにロビーにモニターがあるわけですし
その前には椅子もあるのだから、演目の切れ目までは
ロビーで待たせるべきではないでしょうか?
途中入場不可は何も「翁」の専売ではないはず。

ちなみに偶然ですが22日付けの朝日新聞夕刊
(東京本社版)に世田谷パブリックシアター制作部長の
高萩氏がコラム<ツウの一声>に
『新たな観劇マナー必要』という文章を寄稿されています

これも遅れてきた客をどのタイミングで席へ
誘導するのか(しないのか)という話で
現状はいろいろあるが、やはり芝居進行中に
人の前を通してまで、その席まで誘導する
のが主流の現在のやり方は変えていかなくては
という趣旨なのですが、そう言いながら
世田谷パブリックも結構ずるずると上演中に
本席まで誘導してる気がします。

先日見た「キャラメルボックス」の公演では
チケットの裏に『遅れてきたら後ろのほうの席で
みてもらう』と明記していあります

私も含めて仕事帰りに劇場に足を運ぶ場合、
どうしても開幕に間に合わないこともあるのは
事実ですが、それは他の観客への配慮として
「本席まで誘導しろ」とは主張できないし、しては
いけないと思います

Septには是非その「新たな観劇マナー」実行を
お願いしたいものです

|

« ポスター貼り専門会社「ポスター・ハリス・カンパニー」 | トップページ | 国立能楽堂「狂言の会」を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

コメント

かのこさん、こんにちわ。こちらには初めて書き込みをさせて頂きますが、いつも楽しく拝見しておりました。
毎回かのこさんのレポなどを読んで、私も行った気になっている幸せな奴なんです(笑)

観客を演目(舞台)途中で誘導される、これは開催者側の非も大きいと思います。
確かに送れてこられた方もお金を払ったお客様でしょうけど、その前から席に座りみている方もお客様です。
遅れて来て、途中からでも生で見たいのも自然の感情でしょうが、そこは我慢して待つのが礼儀でもあるでしょう。どうしても見たいのならば後ろの方で、立って他の方の邪魔にならないようにするのが、当然の事のように思います。
このような礼儀(というか私の中では常識)は能楽堂などにかかわらず、どの舞台や演劇・映画などでも言えると思うのですが、今は違うのでしょうか。残念なことです。

投稿: あけび | 2005.04.23 14:05

かのこさん、こんばんは。初めて書き込みいたします。いつも楽しく拝見しております。

私も仕事で国立能楽堂へ遅く入ったことがあるのですが、「席の後ろで次の演目まで待ちます」と言っても「座ってもらわないと困ります」と言われ、席に着くのに冷や汗をかいたことがあります。
いろいろな理由があるのでしょうが、後ろで待たせてもいいのではないかと思います。

もちろん、遅れないで席に着けるのがベストだとは思いますが……。

投稿: 野いちご | 2005.04.23 22:32

野いちごさん、こんにちわ。
今自分書き込みを見て、ちょっと過激すぎたかな?と反省しています。
でも、少し弁解させてください。
私は演目途中で席に誘導する会場側の非が大きく、遅れてきた方は「後ろでお待ち下さい」と言うのが普通ではないか?と思ったのです。 
もし「どうしても着座して見たい」というお客様がいても、そう言うのが普通ではないかと。
そして、そういうお客様は我慢するのが当然ではないと感じたのです。

野いちごさんのように、「席の後ろで次の演目まで待ちます」と仰られる方がいても、「座ってもらわないと困ります」というのはちょっと考え物ですよね。
このときは、野いちごさんもバツが悪いですよね。

野いちごさん気分を悪くされましたらすみませんでした。

投稿: あけび | 2005.04.24 07:43

野いちごさま
あけびさま

コメントありがとうございます
実は私も遅刻の経験があり、やはり
同じように「席まで行ってください」と
言われたことがあります

他の会場でですが、立見については
「消防法で立見が禁じられているので」と
言われたことがありますから
そういう関係もあるのかもしれません

またつい先日の「新宿狂言」では
主催者が空席を把握していて、
あの花道配置だったこともありますが
入って邪魔にならないところに誘導して
曲の変わり目で自分の席へ移動という
方法を取っていたように思います

仕事や交通機関の事故など、
どうしても間に合わない場合が
あるのは本当に仕方ないことですし
劇場の方針もばらばらなので
どうしなければ、というのは
今ここで言えないですけれど、
定時に座ったお客さんに迷惑で
ない方法というのが一番では?と
思います

また是非公演の感想なども
お寄せくださいませ

投稿: かのこ | 2005.04.24 08:20

かのこさん、こんにちは。

アメリカで似たような経験をしました。遅れて来た人は演目の切れ目まで空いていた後ろ座席で見るよう案内されていました。公演としては空席があるのはもったいないなと思っていたのですが、このように使うのはいいなと思いました。

ところが!私の2,3席前の人が演目途中に何度も出入りするのです。それも座席持込禁止の飲み物を持って...

あけびさんのおっしゃるように常識を考えた行動をしてくれたら、と思いました。ましてその人は子供連れだったので、子供の手前なおさら。また劇場の係の人も注意してくれたらよかったのにな~。

投稿: susie | 2005.04.24 20:46

susieさま
アメリカの劇場での対応情報
ありがとうございます

どうやら国立能楽堂の場合は
遅れて行ったら自主的に
一曲終わるまでロビーというのが
ベストかも知れません
(最後列の端席だったら許されるかも
 しれませんが・・)

投稿: かのこ | 2005.04.25 08:24

かのこ様 こんにちは

私も、当日能楽堂に行っていた一人です。
遅れてくる方・・・本当に多かったですね。

今回は、はじめてGB席で鑑賞したので
脇正面から見ることに、かなりの集中力が必要でしたが(いつもは中正面専門^^)
人が横切る度に、集中がとぎれ、いつもより疲れてしまいました(笑)

開演時間も、微妙ですよね。
7時開演でも良いと思うのですが
凛太郎君や裕基君たちの労働
終業時間の規制などがひっかかるのでしょうか?

3・4月は普及公演・定例公演にも足を運びましたが
私的に今一番気になるのは、終演後まだ演者が橋掛かりを移動しているうちにも
あちこちで響きだす 鞄のチャックを開け閉めする音です。

なぜか威勢のいい音で・・・
みなさん お急ぎなんですねっ(苦)

投稿: 3535 | 2005.04.25 19:00

3535さま
コメントありがとうございます
GB席だと脇正面にあとから入ってくる
お客さんがどうしても視野に入りますね
鞄はねえ・・・(-_-;)
他人事ではないのですが、ファスナーも
ですが、意外に財布に付けた鈴とか
気になったりするんですよね(-_-メ)
特に能狂言の場合は、BGMも
何もないし、セリフを聞こうと集中している
ので余計普段気にならない音も気になる
のでしょうね・・・

今回はいろいろな方のご意見が聞けたのが
大変参考になります。
またもっと明るい内容のコメントもお寄せ
くださいませ!

投稿: かのこ | 2005.04.25 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポスター貼り専門会社「ポスター・ハリス・カンパニー」 | トップページ | 国立能楽堂「狂言の会」を観る »