« 蜷川さんの7月歌舞伎座は「十二夜」翻案もの | トップページ | 狂言公演におとなしく座っていられない子供を連れてこないで下さい!!! »

2005.04.16

「新宿狂言」を観る

スペースゼロ。

昨年までとちがって客席が階段状でなく
なだらかなスロープ。
しかも今回は、客席の真中に縦に橋掛
(というか、これは完全な歌舞伎型の
 花道です)がしつらえれた、異色の舞台。

舞台奥は満開の桜の木が数本
(「清水座頭」「鈍太郎」では5本、
 「鬼の継子」では1本の大木)

時間の関係で「鈍太郎」からの鑑賞

『鈍太郎』

この曲を万之介師シテで見るのは初。
妻(深田)、上京の女(竹山)の組み合わせも初。

なんだかすごく良かったです。
万之介師の男の、妻を振り向く目線のタイミングとか
絶妙でしたね

「♪鈍太郎どのの手車」のところは萬斎師が
シテだとかなり高く飛んだりするので
それもみものだったりするのですが、万之介師のは
のどかさ満点の、すごく古風な感じの曲でした。

ラスト、女の手車で退場していくところを
かなり近くで見ましたが、さすがに手車の
お二人、汗みずくでした。

『鬼の継子』
シテ(鬼) 萬斎
アド(女) 高野

結婚を女に申し込んだ鬼が、赤子をあやせと
言われて可愛がった挙句に、ふと本性を
思い出してしまって、女が赤子を連れて逃げ出す
という話。
「節分」のように実は女のほうが怖かった、とか
「痩松」のように、盗賊よりも女の方が一枚上手
だったとかいうほうが感覚的には現代的で
私には面白く感じるのですが
鬼ののどかな子守り、というのが見どころでしょうか。

途中萬斎さんの面がちょっとずれてきていたのが
気になりました。


|

« 蜷川さんの7月歌舞伎座は「十二夜」翻案もの | トップページ | 狂言公演におとなしく座っていられない子供を連れてこないで下さい!!! »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま、ご覧になったのは今日の昼公演でしょうか。お時間の関係とはいえ「清水座頭」残念でしたね。良かったですよ、とっても。

つっ、つっとかすかに響く杖の音ではじまり、同じように密やかな杖のおとで終わるとても静かな曲。萬斎さんと石田さん、巧者お二人のバランスも良く、何より謡が素晴らしい。会場全体がぎゅっと締まって、聞き惚れていました。途中、夢のお告げの照明はややうるさい感じでしたが、最後の花道?から帰りゆく二人に桜の花びらが降りかかる場面はなかなかに美しかったです。

投稿: 松風 | 2005.04.16 18:33

松風さま
コメントありがとうございます。
「清水座頭」、結局土曜日に見ましたが
本当に素晴らしい舞台でしたね
ただ地味だったのは確かで
(解説の深田さん談)まわりに
何人かうとうとしている人を見かけましたが(^^ゞ
あの花道(橋掛、というべき?)の
付け方は個人的には余り好きでは
なかったですけれど・・
単に歌舞伎の花道とイメージが
重なるからというよりも、だんだん引いていく
感じがふわりとした感じをあって
いいなあと思っている狂言で、
ラストでだんだん演者が見所の
わたしたちに近づいてくる
というのが、なんとなく違和感があった
のですが、いかがでしたか?

投稿: かのこ | 2005.04.16 20:48

今回はお席が舞台右側、裏脇正面とでもいうところでした。そのせいでちょうど花道の演者を見送るような感じになり、あまり気になりませんでした。そうでなかったら、イヤだったかもしれません。狂言劇場の奥に続く橋掛かりの方が狂言にはなじみが良い気がします。

橋掛かりの配置をいじったり、裏脇正面席をどうにかしようとしたり、試行錯誤されているのはわかるのですが、ちょっとどうなんだろうと思うこのごろです。特に裏脇正面、席数としても少なくない数になっていますが、好きになれません。今日もアドの背中ばかり見続ける時間が相当にありましたし、シテがアドの影に隠れて全く見えないのです。微妙な位置の関係もあるのでしょうが、この席が続くとストレスたまります。

投稿: 松風 | 2005.04.16 23:38

松風さま
コメントありがとうございます
中央花道のことはちょっとやりすぎ
だなと思いました
(しかもライティング付きなので
 なおさら・・・)

以前にスペースゼロで「磁石」をやった
とき、私もちょうどその<裏脇正面>だったの
ですが、目の前に寝ている田舎者が
ど^~~~んといて、全体が見えず
かなりびっくりした覚えがあります
能楽堂という固定観念に私が
縛られすぎているのかもしれませんが
前に歌舞伎座で能と歌舞伎の「道成寺」の
競演を見たときに、やはり劇場(舞台)の
構造がその演劇の大きなアイデンティティを
構成していて、その構造ならではの演出が
あるなと思ったので、今回のようなパターンは
ちょっと私にはメリットとか感じにくかった
です。

投稿: かのこ | 2005.04.17 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蜷川さんの7月歌舞伎座は「十二夜」翻案もの | トップページ | 狂言公演におとなしく座っていられない子供を連れてこないで下さい!!! »