« 長塚圭史さん、夏は「エドモンド」演出 | トップページ | 「MANSAI @解体新書 その七」詳細 »

2005.05.15

「まちがいの狂言」を観る(2回目)

ポストトークは、萬斎さんとは「ハムレット」および
再演版「オイディプス」で共演し、また、茂山千作師に
狂言を師事した、俳優の壌晴彦さんがゲスト。

1回目を観てすぐに、書籍の「まちがいの狂言」を
チェックしましたが、やはり藪右衛門のあたりが
短くなっていたようですね。

この回は領主は中村修一くん。
2年くらい前でしょうか、遼太くんが「魚説法」を
やったときの施主の役をやっていた記憶が
ありますが、遼太くん共々、一気に背が伸びて
見違えました。

「スタッフが作りました」と前回言っていた
「まち狂」Tシャツ、この間は7色あると言っていましたが
この日は既に黒系(紺?)とグレー系の2種類しか
残っていませんでしたので、かなり好調な売れ行きだった
のでは?

ポストトークに最初から萬斎さんのお名前があった
せいか、平日にも拘らず、立見客あり。

狂言の同じ演目、それも同じ配役でのものを
間数日で何度も観る、というのは余りないことで
実際、さほど受けた感じは変わりませんが、
高野さん演ずるお菊の弾けっぷりに磨きが
かかってきた感じですね
一つ気になっているのは、これがレパートリー化
されるとして、いつまであの『タイタニック』を
見た人が判るのか、その「有効期限」でしょうか?

ポストトークはほぼ壌さんのオンステージ。
俳優のお仕事のほかに、劇団主宰者、
また、俳優のスキルアップにも力を注いで
いらっしゃる壌さんならではの、現状への厳しい
注文、さらに今後の日本の演劇の世界との
関わり方(壌さんはしきりと『錬金術』という
言葉を使われていました)、また、俳優こそが
言葉の持つ力を伝える役目を持つのだということ
などを熱く語っていらっしゃいました

|

« 長塚圭史さん、夏は「エドモンド」演出 | トップページ | 「MANSAI @解体新書 その七」詳細 »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長塚圭史さん、夏は「エドモンド」演出 | トップページ | 「MANSAI @解体新書 その七」詳細 »