« 「SPT(世田谷パブリックシアター)02」発売 | トップページ | 再来年の大河ドラマは井上靖原作「風林火山」 »

2005.09.05

愛知万博の能狂言公演

愛知万博で、日本における能狂言界オールスターズで
(と最初の頃惹句に確かにあった)特別公演をやるという
話は相当前から宣伝されていたものの、どんな内容に
なるのか、そもそも<オールスターズって誰?>とか
<全員が同じ演目に出られるはずもなくいけど、
 何をやるの?>そして
<どうやってチケットを入手するの?>と疑問符だらけ。

しかも何より万博自体には一向に疎いために、
入場者記録とか見るたびに、
<これから終了間際の日程の入場券なんて取れるの?>
という基本的な疑問に捕われたまま日が過ぎて、
いつの間にやらイベント入場券の抽選は終了、
もう無理と諦めていたのですが、ふと調べて見たら
8月半ばに公演詳細が公式サイトに発表されていました。

なんと、14時から20時近くまで、文字通り大御所が
替わる替わる登場して、能・狂言を演じるとのこと。

この顔ぶれでこれだけの演目を一気に演じる
というのは確かに凄いです。
友枝昭世師の「羽衣」や、観世清和師の「船弁慶」、そして
茂山千作師の(というか、茂山一族での)「靱猿」など
目を引きます。

が、ちょっとだけ腑に落ちないのは万作師の「髭櫓」。
どう考えても20分で終わるとは思えません。
おそらく半能ならぬ半狂言ということになるのでしょうが
それで本当に楽しめるのか、狂言の、というか「髭櫓」の
面白さが伝わるのか、気になるのですが・・・
ちなみに万作家のファンクラブ「yoiya2」(よいや)の
スケジュールを見る限り、どうやら出演は万作、万之介、
石田、深田各師(プラス、名古屋の又三郎師)で
当初噂されていた萬斎さんの出演はなさそうです。

|

« 「SPT(世田谷パブリックシアター)02」発売 | トップページ | 再来年の大河ドラマは井上靖原作「風林火山」 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「SPT(世田谷パブリックシアター)02」発売 | トップページ | 再来年の大河ドラマは井上靖原作「風林火山」 »