« 「踊る」ネタからビジネス本。 | トップページ | 愛知万博の能狂言公演 »

2005.09.04

「SPT(世田谷パブリックシアター)02」発売

世田谷パブリックシアターの機関誌と言うのか
不定期なので位置付けが難しいのですが
とにかく<劇場のための理論誌>と銘打った
「SPT」の2号が発売されました。

特集は<演出の冒険~表現の新しい地平~>
長塚圭史さんや坂手洋二さん、堤幸彦さんら
幅広い演出家のロングインタビュー、そして
もちろん萬斎さんへのインタビューも。

そして何より今月同劇場にかかる、萬斎さん
芸術監督就任後初の演出作品、「敦」の
上演台本が掲載されています。

なるほどこういう形式で上演するのか、という
ことは判りましたが動きは全然想像つきません

まもなくの観劇が大変楽しみです。

SPT2、定価は1000円。
劇場での販売はもちろん、まだアップされていませんが
「1」の経験からすると、おそらく公式サイトから通販も
可能になるのではないかと思います。

|

« 「踊る」ネタからビジネス本。 | トップページ | 愛知万博の能狂言公演 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

「敦」期待してください。洗練された本当に美しい舞台、もちろん遊び心もたっぷりでした。その上、楽にむかってさらに成長していく予感も十分。もっと書きたいのを今はひたすら我慢です。

投稿: 松風 | 2005.09.05 12:25

松風様
コメントありがとうございます。
でもこういう短期間公演だと、ファンサイトでは
いつからネタバレにするかって悩むかも
しれませんが、私のところはいつからでも
大丈夫ですので、<我慢>せずに
書き込んでくださいませ!
それにしてもポストトークのゲストまだ
発表されませんねえ・・

投稿: かのこ | 2005.09.05 14:14

7日のゲストは、亀井広忠さんと藤原道山さんと発表されてますね。13日はまだのようですが、萬斎さん演出作品ということでいっそのこと蜷川さんなんて…無理か。たくさん書きたい思いは7日の公演を拝見してからにいたしましょう。

投稿: 松風 | 2005.09.05 22:38

松風様
蜷川さん、是非ものですが、私の勘では
能楽研究(評論)家のあの方かしらんとは
思ったりしてますが(笑)

投稿: かのこ | 2005.09.06 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「踊る」ネタからビジネス本。 | トップページ | 愛知万博の能狂言公演 »