« 「NINAGAWA ×  SHAKESPEARE DVD BOX2」発売!! | トップページ | 筧利夫さんの公式サイトオープン。 »

2005.10.24

「万作を観る会」を観る<国立能楽堂>

2日程開催ですが、狂言「武悪」の配役と、舞囃子「融」の
演者さんが違っています。

「武悪」は劇的な展開と三者三様のキャラクターが絶妙で
私が大好きな曲の一つですが、今回もなかなか興味深い配役でした。

武悪・・・・・石田
主・・・・・・萬斎
太郎冠者・・・深田

萬斎さんの主は初見で、どんな風かなと思っていたら、出だしが
いきなり個性的でした。
私が今まで見てきたのでは、主は刀を手に幕から勢い良く
「誰そおるか」と繰り返しながら出てくるものがほとんどでしたが
萬斎さんはかなり表情きつく出てきて、名乗り座でまず一回、
そして舞台中央でまた一回、そして脇座でと「誰そおるか」を
3回、場所を変えて徐々にテンションを上げて言っていました。
単に怒っているというよりも、畏れている感じがするのは
武悪に背かれている不安感の表現かなと思いましたが、こういう
出はかなり個性的だと思います。

この出で場面はいきなり緊張の頂点に達し、そこから前半の
太郎冠者の武悪暗殺未遂まではすごく劇的な展開。
石田さんの武悪が比較的悪意とか殺気が表面に見えなかったので
尚更主の苛立ちと怖がり方が引き立ちました。
後半の幽霊話のばかばかしいオチどころも、通常武悪が知恵者に
見える場合は主に生きていることを知られないための作戦に
見えるのですが、今回は見つかるまいとする武悪が太郎冠者の
アドバイスを貰ってなんとか逃げ延びようとする感じがして
どちらもすごく人間的でした。

舞囃子を挟んで「枕物狂」
年齢と経験を積んだ演者さんのみが演ずる「重習い」の一つ
だそうで、チラシやパンフレットに写真や言葉が引用されている
今回の目玉の曲。
配役も珍しく、今回は万作さん以外は全員名古屋の野村家メンバー。
万作家一門は能に引けをとらない、6人の大メンバーでの
地謡担当。
後見に良乍さん、そして万之介さんも登場、囃子方4人も
いて、舞台はすごい大人数だったのも目を引きました。

能の「物狂もの」のパロディという知的笑いの側面も
あるようですが、私には何より老人の恋を笑わずに
相手を連れて来る孫二人の老人に対する偏見の無さ、
そして人間の欲望の肯定という狂言の特徴が良く現れている、
興味深い曲に思えました。
まあ見た目がまじめな万作さんだとちょっと笑いづらい
感じもしましたが…

|

« 「NINAGAWA ×  SHAKESPEARE DVD BOX2」発売!! | トップページ | 筧利夫さんの公式サイトオープン。 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

先行で2日間のどちらを選ぶか、かなり迷いましたが「武悪」は初めて拝見するので27日にいたしました。今回の「万作を観る会」番組は同じで配役が違うので、両日見たい気持ちをなだめるのが大変でした。27日にしてみたものの、23日の萬斎主が気になってしかた有りませんでしたので、かのこさまの記事に大感謝です。今月末はイベントが目白押し、そちらの記事も楽しみにしております。

投稿: 松風 | 2005.10.24 23:19

松風様
コメントありがとうございます
27日はどうなるのか楽しみですね
実は月末は仕事が入っていてほとんど
全滅です(笑)
松風さまを頼りにさせていただいていた
のですが・・・

投稿: かのこ | 2005.10.25 08:44

管理人さま、こんばんは。
初めまして、さおりと申します。

和泉流の「武悪」はまだ見たことがないので、レポートを興味深く読みました♪
出だしは、大蔵流と和泉流では違うみたいですね。萬斎さんの出方は大蔵流に近いと思います。和泉流の場合、橋掛かりから台詞が始まるのでしょうか??

善竹家と茂山家の舞台を見ることが多いのですが、万作家の狂言会にも行ってみたいなぁ~と思います!

投稿: さおり | 2005.10.26 22:52

さおりさま
はじめまして。コメントありがとうございます。
「武悪」、はっきりしないのですが、多分
だいたいは(曖昧な記憶なのですが)
橋掛り(というか幕内)から「誰そあるか」と声がしている気がします。
足を止めているかどうか、という部分が
今回ちょっと特徴的だった気がしていますが。
前に異流混合の「武悪」を見たことがありますが、3人の登場人物の性格の違いが
端的に現されて面白かったです。

投稿: かのこ | 2005.10.27 08:33

かのこさま
「武悪」のご説明ありがとうございました。
足を止めるだけでも随分印象が違ってくるのでしょうねー。今度見る機会があったら、気をつけて見ておこうと思います。

投稿: さおり | 2005.10.27 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「NINAGAWA ×  SHAKESPEARE DVD BOX2」発売!! | トップページ | 筧利夫さんの公式サイトオープン。 »