« いまどきの「瓜」は「コンビニ」 | トップページ | ユーロスペース、移転。 »

2005.11.25

実効はあるのか携帯の「公共モード」

NTTドコモが、「ドライブモード」を拡大解釈した形で、
ホールなど電源を切るべきところで、ある設定をして
電源を切ると、その間にかかってきた電話には
「今電源を切るべき場所にいるために電話に出られません」
というガイダンスが無料で先方に流れるという「公共モード
というサービスを開始しました。(11/17〜)

劇場での電源オフがさっぱり守られない現状で
何かしら実効性があるのかとプレスリリースを
じっくり読んでみましたが、今の感覚ではまあ実効性は
薄いでしょうね。

もともと劇場などで電源を切る人はこんなことをしなくても
切るでしょうし、現実今迷惑している、電源を切ろうとしない
人に対して、さらにもう一手間設定させて電源を切る、
ということが普及するとはちょっと思えないからです。

車内吊りの広告もみましたが、
「かけてくる相手を気遣って電源を切れないとは思いますが」
というニュアンスの文章があって、ビックリ。
そんなことを気遣うより、自分がいる場所の周りにいる
人間の迷惑を考える事が必要なのであって、それをはっきり
打ち出せないドコモの感覚には疑問を持ちます。

性能の優れた携帯を作るのは大切だとは思いますし、私も
愛用はしてますが、ここまで普及した以上、メーカー側も
作ったらおしまい、でなく、使う側のマナーも一緒に
叩き込む、さらに叶うならば、低価格、かつあとからの
導入も簡易な携帯電波制御装置の開発も同時にするなど、
アフターケアというか使用する先のことまできっちり
フォローする姿勢が必要だと思うのですが。

|

« いまどきの「瓜」は「コンビニ」 | トップページ | ユーロスペース、移転。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いまどきの「瓜」は「コンビニ」 | トップページ | ユーロスペース、移転。 »