« 「ブリジット・ジョーンズ2」他DVD 廉価版発売 | トップページ | 「MANSAI◎解体新書 その八」もう一人のゲストは。 »

2005.11.18

「野村狂言座 追加公演その弐」を観る

宝生能楽堂
「狂言座」にもかかわらず、万作さんが出演されないのは
とても残念。

「入間川」
大名:深田  太郎冠者:竹山  入間の何某:萬斎
(後見:月崎)

以前に萬斎さんが大名のバージョンは見たことが
ありましたが、深田さんの主のは初。
<入間>は、この日の最後に演じられた、京の祇園祭を
題材にしている「鬮罪人」と比べると、関東の人間には
馴染みがある地名ですが、ふとなぜ逆さ言葉が
<入間>なのか、と考えていました。ひょっとすると
この大名は自分が面白がるのは好きで、さんざん楽しんでおいて
すぐに座興で何某に与えてしまった持ち物を惜しくなって
(といっても太刀小刀に衣装ですからそのままにもできませんが)
取り返すような、狂言には珍しい割にケチで狭量な大名なので、
「入間様」自体も大名の思いつきだったかも。
(これについてはもうちょっと調べてみます)

「昆布売」「二人大名」のように、大名と何某とが出てくるのは
たいてい大名がすっかり騙されてしまうものが多いので
これもそうかなと思ってみていると、ラストに大名の執念?で
逆転が起きるところが一捻りですが、動き自体よりせりふの
やり取りを楽しむ曲で、せりふ術が問われるとは言うものの、
どこかちょっと理詰めで面白みに欠ける気もします。


「鏡男」
男:万之介 妻:石田 鏡売り:高野 (後見:時田)

絶妙のキャスト、という言葉に尽きます。
<鏡を知らない人がいる>という前提が現代では成り立ちませんし、
<女はモノを知らない上に嫉妬深い>という結論に至るこの話は
「狂言」という形式なしではちょっと笑えない仕掛けですが、
まあ今でもパートナーの持ち物に見知らぬアイテムや名前を
見つけて疑心暗鬼になる話はいくらでもある訳ですし、
苦労して買ったプレゼントで喜ばせるつもりが逆効果だった
なんていう話もありがちで、そのあたり観ていて身につまされたり
心当たりがある人も多かったのでは?

休憩をはさんで素囃子「盤渉楽」
番組の解説と用語を簡潔にまとめた今回のリーフレットに
素囃子の解説が無かったのは唯一残念だったところ。
なにしろ能楽囃子の事は無知なもので、これを「ばんしきがく」
と読むのも今回初めて知ったくらいなので・・・
(お恥ずかしい限り)


「鬮罪人」
太郎冠者:萬斎 主:石田 町衆:万之介、深田、高野、月崎、竹山
(後見:良乍)

今回のお目当てはこれ。初見。
上記のとおり祇園祭の出し物の相談にまつわる、怖い主と
頭の回転の速い太郎冠者の対比が描かれていますが、後半には
出し物の練習と称して太郎冠者が鬼、主が罪人になって
(装束までつけて)、囃子に乗って演じてみせる部分もあり、趣向満載。

「それがようござろう」と付和雷同する町衆と、反対に常に良し悪しの
判断を口にする事で主に叩かれる太郎冠者を見ていると共同体社会
(民主主義、多数決社会)の悪弊と、自己の意見を持つ個人の
生きにくい部分も透けて見えるようでした。
とはいっても、この主と太郎冠者、本気で怒ったり逃げたり
しているというよりは、まるで「トムとジェリー」か漫才の
ボケとつっこみ。
実はお互いの存在が必要不可欠になっている気がしました。

|

« 「ブリジット・ジョーンズ2」他DVD 廉価版発売 | トップページ | 「MANSAI◎解体新書 その八」もう一人のゲストは。 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

 「入間川」はちょっと複雑な気分で拝見しました。なにせ埼玉県民なので微妙に故郷意識が働いてしまって…。都から遠く離れた辺境の土地をどこか笑いものにしているような感じがして、いまひとつ楽しめなかったです。

 その点「鏡男」は心から楽しめました。本当にこれ以上無い配役のようにおもいました。万之介師、このごろそこにいらっしゃるだけで幸せ感があって、疲れたときには万之介師の狂言が一番なんて勝手に思っております。

 「鬮罪人」は石田師の主と萬斎さんの太郎の組み合わせがどうしても「まちがいの狂言」に重なるようにおもいました。こういう曲だと、萬斎さんが生き生き見えるのは気のせいでしょうか。


投稿: 松風 | 2005.11.19 19:33

かのこさん、こんにちは。

レポをありがとうございます。どれも見たことがない曲ですが、想像の中で楽しむことができました。もしおわかりでしたら萬斎さんの装束についてお教えいただくと、一層想像がふくらむのでよろしくお願いします。

投稿: susie | 2005.11.20 00:18

松風さま
コメントありがとうございます
そう、入間方面の方はこれを見てどう
思われるかいつも思うのです(^^ゞ

今回は万作さんのご出演がなかったので
パワフルな萬斎・石田の組合せに対しての
万之介さんの奥行きのある軽さときっちりした
セリフ術が良い重石になっていました

たしかに「まちがいの狂言」に似ていますね
今気がつきました!!

投稿: かのこ | 2005.11.20 07:46

susieさま
お久しぶりです
装束ですが、たしか「入間川」は青と青み
がかった灰色と白の幅の違う段熨斗目に
茶色系でおそらくは菱?の地紋入りの
長裃でした。
「鬮罪人」はクリーム色の縞熨斗目
(胸と袖の裾だけが緑色)に灰色地に波頭、
満月、ウサギを白抜きにした肩衣に、多分
茶色?の紋入り狂言袴だったかと思います
(袴の色がさだかではありません)

お役にたてば幸いです

投稿: かのこ | 2005.11.20 07:52

かのこさま、教えていただきありがとうございます。一生懸命、頭の中で想像力を働かせています!ぐっと現実味が増してきたように思えます(妄想?)。

投稿: susie | 2005.11.22 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ブリジット・ジョーンズ2」他DVD 廉価版発売 | トップページ | 「MANSAI◎解体新書 その八」もう一人のゲストは。 »