« 「エビ大王」東京千秋楽を観る | トップページ | 「コクーン歌舞伎/四谷怪談」配役詳細 »

2005.12.25

2005年に観た芝居ベスト10

なんだかんだ言いながら今年も芝居を見ました。
今年を一言で括るとすると、私の中では「蜷川year」
と言えると思いました。

そんな訳で超えこひいきランキングを作ってみましたが
どうも蜷川さんの作品ばかりになりそうです。

唯一心残りはやはり「12人の優しい日本人」を見られ
なかったことです。

<1>天保十二年のシェイクスピア(シアターコクーン)

 本当に今年の蜷川さんの精力的な活躍には
 目を見張りました。中でもこの「天保」は蜷川さん
 芝居で活躍する常連たちを中心に、とにかく豪華な
 役者たちが蜷川さんのために集結し、さらに
 蜷川さんのライフワークの一つであるシェイクスピア
 劇の徹底したパロディを大真面目にやるという
 二重三重の仕掛けにワクワクしました。
 これだけの役者が揃うことなどもう空前絶後では
 ないかと思います

<2>NINAGAWA十二夜(歌舞伎座)
 
 確かに歌舞伎の様式に、あの長い長いシェイクスピアの
 小理屈並べたセリフは生理的に合わない部分もありましたが
 やはりこれは菊之助という役者があってこそ。
 男女のそっくりの双子が観客に納得させられる、歌舞伎の
 様式を借りることで、初めて観ている側が違和感なく観られた
 事が最も収穫だったと思います。
 世間的には亀次郎丈の頑張りなどが評価されていましたが
 個人的には左団次丈が下らないほど長いシェイクスピアセリフを
 きちんとした日本語として、そして楽しそうに演じていらしたのが
 印象的でした。
 そしてこの後に上演された「天保~」にたくさんの蜷川さんの
 『歌舞伎国からの留学土産』が披露されていた事も
 忘れてはならないでしょう

<3>ブラウニングバージョン
         (自転車キンクリートstore 俳優座劇場)
 
 内田春菊さんの配役については疑問が残りましたが
 浅野和之さんと今井朋彦さんの緻密な演技が本当に
 素晴らしかった作品でした。

<4>敦 (世田谷パブリックシアター)
 
 萬斎さんのベスト3にももちろん入りますが、中島敦の独自の
 文体と世界観を狂言の持つ身体性、様式で咀嚼、再構築
 したスタイルが魅力的でした。判りやすさでは「名人伝」
 でしたが、人間の弱さや業が鮮やかに写し取られた
 「山月記」のほうが私には魅力的でした。萬斎さんの
 演出の才能を堪能した作品。他の敦作品も観て見たいです。

<5>冬物語(りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ
        銕仙会能楽研修所)
 
 5位は相当迷いました。下に乗せる作品群と多分
 ほとんど差はないのですが、これはなんと言っても
 能楽堂という舞台とシェイクスピアの世界の融合、
 衣装の美しさ、そして谷田歩さんの魅力的な演技
 が新鮮でした

以下、ほとんど差はなかったのですが、印象的だった
芝居をアトランダムに。

 

※「幻のこころもそろぞ狂おしのわれら将門」
                 (シアターコクーン)
  観たときは木村佳乃の演技やら、古めかしい
  演出方法が目に付いてあまり面白いと思わなかったの
  ですが、その後のWOWOWでのオンエアを見るたびに
  清水作品に対する蜷川さんの思いが透け見えてきて、
  あえてあのやり方だったのかとかいろいろ思うようになりました。
  珍しく野望丸だしの役だった高橋洋くんもよかったですし。

※「メディア」(シアターコクーン)
  世間的には大竹さんの鬼気迫る演技だけが
  注目された感じですが、やっぱりテレビとは全く違う
  顔を見せた生瀬さん、一場面しか登場しないのに
  やたらと印象的だった吉田、横田、笠原の豪華な
  男優陣と愛らしい子役たちが個人的にはツボでした。
  あのラストのメディアの乗り物のビジュアルについては
  一言言いたかったですけど。

※「箱根強羅ホテル」(新国立劇場)
  今年は蜷川さんの年でもありましたが井上ひさしさんの
  作品もかなり観ました(これ、「天保」のほかにも
  「国語元年」そして「小林一茶」)
  麻実、内野、辻、梅沢とそのままシェイクスピアもできそうな
  配役で、戦争末期の日本を描いたもので、最終的には
  素敵な作品でしたが、何より遅筆堂どのの面目躍如?
  見事に遅れまくった台本のせいで、公演期間前半は 
  全くだめでした。作品のクオリティの高さは判るのですが、
  やはり興行、というものには決まった初日があるのですから
  是非とも初日には完全なものを見せていただきたいです。

※「エビ大王」(青山劇場)
  本当はベスト5に入れたいところなんですが、やはり
  元の戯曲の描いた世界を理解するしづらかったことが
  厳しかったです。私にとっては一重に「最強の舞台役者、
  筧利夫」を鑑賞するがためだけの芝居と言って
  さしつかえありません。
  『誰か筧さんにシェイクスピアやらしてあげて!』と
  痛感。

※「レ・ミゼラブル スペシャルバージョン」(帝国劇場)
  鹿賀さんのバルジャン、岡さんのアンジョルラスを
  島田さんのエポを見られたのは貴重でした
  通常バージョンで本田さんを見ることができなかったのは
  今更ながら残念です。

※「エリザベート」(帝国劇場)
  再来年大河ドラマ主演ですし、武田新トートも決まった今、
  暫くは内野さんのトートを拝むのは厳しそうですので、
  集中的に観ておいて良かったです。

※「ノイゼスオフ」(新国立劇場)
  客席真中に、「演出家席」のセットを組み、臨場感を
  出した仕掛けと役者さんたちの瞬発力。ひたすら笑わせ
  られましたが、冷静に考えると1幕目はもうちょっとしっかりした
  リハであるべきだったかな。白井さんは役者をもっと
  やってもらいたいです

★歌舞伎についても書きたかったのですが長くなりそうなので
 萬斎さんの出演作、そして「ワースト」と共に別項立てようと
  思います  

  
  

|

« 「エビ大王」東京千秋楽を観る | トップページ | 「コクーン歌舞伎/四谷怪談」配役詳細 »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「エビ大王」東京千秋楽を観る | トップページ | 「コクーン歌舞伎/四谷怪談」配役詳細 »