« 大河「義経」終了 | トップページ | 海老蔵主演「信長」に“蜷川組”役者が出演 »

2005.12.12

「至高の華」(第一部)を観る

国立能楽堂

友枝昭世師の舞囃子、万作師の「鐘の音」
梅若六郎師のシテに萬斎さんの「奈須余市語」の
「八島」と、豪華な演目と配役。

その割には最初、「夜叉が池」公演(オーチャードホール)で
もらったチラシは万作師の字が間違っていたり、主催者の
サイトが判りづらいなど、なんだか随分要領を得ず不安に
なっていたのですが、出演者のお一人、大倉源次郎(小鼓)さんの
サイトによると、どうやら主催者はライブイベントなどで良く
名前を聞く会社の系列だったそうで、そういうことが
通常の能狂言公演と勝手が違った(こちらも先方も)感じが
したのかもしれません

舞囃子「融」
能のことはわかりませんが、友枝さんの舞を見ていて
ふと白鳥の動きを連想しました。
見た目動きが少なく、ブレず、静止画像を見るようなんですが
じっくり見ると、袖に隠れた腕が小刻みに動いて手の位置を
常に修正していらっしゃいました。
それでいて動きは軽いのですから凄いです。

「鐘の音」というと、下手をすると単なる擬音大会になって
しまうところなのですが、万作さんにかかると、ラストの
舞のところにきっちりと焦点が合う感じで、ぐっと品の良い
印象でした。
前日の三鷹での「柑子」と言い、この「鐘の音」と言い、
派手さのないこうした小品でこそ演者の技量や格が
感じられるものだと実感。

そして「八島」
まずびっくりしたのは、ワキの宝生欣哉さんの声の
かすれるところが、お父様の閑さんにそっくりだったこと。
もちろん年相応の若い声なのですが、これがDNAってもので
しょうか。
六郎さんのシテについては、いまさら私がコメントする必要も
ありません。とにかく本当に頻繁に舞台を勤めていらっしゃる
そのパワーに常に驚かされます。
そして私には目玉の萬斎さんの「余市語」

たしか2年くらい前の「NHK能楽鑑賞会」で、同じ国立で
見ているのですが、ひょっとすると前回の方が迫り来る迫力が
大きかったかも知れませんが、先月の「横浜能」の時も
書きましたが、やはり間狂言は独立して演じるよりも今回のように
能の一部として演じられた方が面白みが増すと思いました。
前回の時の公演の映像を使ったNHKの「日本の伝統芸能」で
解説の高桑さんが
「現代演劇にも出演している萬斎さん<独自>のもの
 ですね」と奥歯にモノの挟まった言い方をしていたような
一種のクセのようなものは今回は余り感じませんでした。

そういえば公演リーフレットに演者解説を書かれた
某能楽評論家の方が、正面最前列ど真ん中に座って
いらっしゃったのにはちょっとびっくりしました。
いろんな意味で。

|

« 大河「義経」終了 | トップページ | 海老蔵主演「信長」に“蜷川組”役者が出演 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま、こんにちは。
能「八島」を萬斎さんの余市語でご覧になって、堪能なさったことと思います。記事にしてくださりありがとうございます。毎度のお願いで申し訳ありませんが、このときの萬斎さんの装束はどんなでしたでしょうか。

投稿: susie | 2005.12.12 22:12

susieさま
ええっと装束はですね・・・
青と白と灰色の格子?の段熨斗目に
萬斎さんの「ま」をデザイン化した柄の
長裃(胸の辺りだけが茶色、あとは
松葉色)でした。
長裃は多分「余市語」の定番の装束の
ようです

投稿: かのこ | 2005.12.13 08:23

 友枝師の舞には素直に感動いたしました。まるで数ミリだけ宙に浮いているかのような足の運びと静かに動き続ける腕の軌跡が今も忘れられません。

 那須与市語は能舞台で拝見するのは初めてでしたので、ただ聞き惚れておりました。ビデオの語りよりは、メリハリを抑え気味の大人の語りのように感じましたが、きっと吊り上がった目に鋭角な頬、語るにつれて高揚していく姿を見るにつけ、あちら側に行ける方なのだと改めて実感でした。

 某能楽評論家の方、一年以上まえに某能楽堂の公開講座で「萬斎のファンは…うんぬん」と主題に関係なく上品とはいえないお話をしていた御仁。それ以来視野の中に居てほしくないのですが、なぜかいつも前の方の席に居るのです。今回のリーフレットもなんだか奥歯に座布団三枚くらい挟まったような言い方、すっきりしません。

 つけたりですが、萬斎さんのあの格子柄混じりの段熨斗目は縮羅(しじら)江戸段熨斗目というのかもしれません。間違っていたらすみません。

投稿: 松風 | 2005.12.13 22:55

松風様、
ありがとうございます!
装束のことは松風さま頼りのわたくし、
本当に助かりました!


・・・というわけでsusieさま
装束のことはこういうことです(^O^)

投稿: かのこ | 2005.12.13 23:48

鹿の子さん、松風さん、どうもありがとうございます。装束はたぶんビデオやテレビで見る定番のものだろうとは思っていましたが、色や柄の細かいことを教えていただけると(よくはわからないながらも)頭に浮かべる想像の萬斎さんの姿が一層くっきりするように感じます。

投稿: susie | 2005.12.14 06:57

↑装束の話題だから、というわけではないのですが、鹿の子さんとまちがって変換したまま送信してしまいました。かのこさん、すみません。

投稿: susie | 2005.12.14 07:00

松風様
毎回思うのですが、今回のような細かい装束の形や
柄の表現というのは、何か事典など勉強や
参考にできるものがありますでしょうか?
こればっかりは基本的な知識が完全に
欠落していて毎回本当に頭を抱えている
ものですから・・・・
もしも何かあればアドバイスいただけますか?
よろしく御願いいたします
(ってほとんど私信で申し訳ありません)

投稿: かのこ | 2005.12.14 08:24

松風さま:

私も装束について勉強したいので、お教えいただくとうれしいです。うんちく好きなので、縮羅(しじら)江戸段熨斗目などと知って、自分でも言ってみたいです。

投稿: susie | 2005.12.15 09:39

縮羅江戸段熨斗目は、茂山千五郎師監修の狂言のデザイン図典(東方出版)にたまたま萌葱色の同じ柄の段熨斗目が載っていましたのでそうかしらと思い書き込んでしまいました。いつも多分こんな感じでかなりいい加減です。雰囲気だけ伝わればという気分なので専門の方がご覧になっていたらきっと苦々しくお思いのはずです。かのこさま、susieさま
、私も心から事典が欲しいです。どこかにないでしょうか。装束や小物類もわからないことだらけです。

投稿: 松風 | 2005.12.15 22:26

松風様
なるほど、そういう本があるんですね!
早速図書館で(笑)探して見ます。
能のほうは「能装束」という演目別の立派な
本があるのに、どうして狂言はないんでしょう?
柄図鑑だと女性の着物の柄だけになっちゃうし、
なかなかネットでもひっかかりませんしね
どこか出してほしいです。

投稿: かのこ | 2005.12.16 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大河「義経」終了 | トップページ | 海老蔵主演「信長」に“蜷川組”役者が出演 »