« 「クライマーズハイ」「逃亡者 木島丈一郎」 | トップページ | 来年も続く、Bunkamuraとwowowのコラボ »

2005.12.11

「東西狂言の会」を観る

三鷹市公会堂

恒例の茂山家と野村家の合同公演。
去年は千作さんが「欠席」でしたが、今年はお元気に
ご出演。
万作さんと千作さんの<共演>があと何回観られるか
本当に貴重ですね。

まず石田さんの解説。
解説名人の石田さんですので、過不足無い予備知識と
拍手のタイミングをそろっと言って下さるあたりさすがです。


「柑子」
太郎冠者:万作、主:高野
ほんとうに短い曲ですが、であるがゆえに
万作さんの話芸の素晴らしさを実感できます。

「月見座頭」
座頭:千作
男:千五郎

前に山本家のを見たときにラストにかなり違和感が
あったのですが、茂山家のやわらかな芸風の中で見ると
男が酔って満月の気分の良さからついいたずらをしたという
風に見えて、なるほどと思いました。
これなら前段の風流なやりとりとの整合性も出る感じ。
やはり千作さんはすごい。

「首引」
鬼:萬斎
鬼娘:石田
為朝:深田

最近この曲の時の定番キャストです。
深田さんの装束がちょっと万作家としてはかなりエキゾティックで
印象的。
この鬼の親ばかぶりが本当に笑えるのですが、実は後段の
動き回りながらの激しい動きが面をかけながらだし、
舞台にたくさん役者が出て動いている中なので凄い。
そうそう、鬼の眷属にお一人新しい顔ぶれがありました。

もちろん萬斎さん目当てに出かけましたが、結局は「月見座頭」と
「柑子」の素晴らしさを実感して帰ってきました


しかし、この会場、三鷹駅からも吉祥寺駅からも交通アクセスが
悪いですね。
特に帰りに時間帯は駅までの道路が大渋滞するのは
なんとも・・・です。


|

« 「クライマーズハイ」「逃亡者 木島丈一郎」 | トップページ | 来年も続く、Bunkamuraとwowowのコラボ »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさん、こんにちは。
千作さんがお元気と聞いてうれしく思いました。

投稿: susie | 2005.12.12 22:16

susieさま
そうですね。
千作・万作の共演なんて本当にあと
何回見られるのか・・・
考えると私はDVDでしか知りませんが
「伝統の現在」シリーズって本当に贅沢な
話だったんですよね
もうちょっと早く狂言に目覚めているべきでした(^_^.)

投稿: かのこ | 2005.12.13 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「クライマーズハイ」「逃亡者 木島丈一郎」 | トップページ | 来年も続く、Bunkamuraとwowowのコラボ »