« ブルーリボン賞に寺島さんがノミネート。 | トップページ | 「国立能楽堂」定例公演を観る »

2006.01.14

「新春名作狂言の会」を観る

今年の初狂言はやはり恒例の新宿。
茂山家との年に数回しかない東京での共同公演。
しかもここではここ数年必ず萬斎さんと千三郎さんが
上演前に登場して二人でトークと演目解説、そして
二人で一緒に同じ小舞をそれぞれの流儀で舞う
という趣向があるのがお楽しみ。

今回は狂言「千鳥」に出てくる、『ちりちりやちりちり~』
の『宇治の晒』
途中かなり謡の長さに違いがあるのと、例年のことながら?
激しく動く千三郎さんに比べて動きの少ない萬斎さんの
対比に見所は大受けでした。

今回は曲も出演者も豪華。

「末広がり」 大名:千作 太郎冠者:千五郎
        ところの者:千三郎

「業平餅」 業平:萬斎 稚児:裕基 傘持ち:万作
       餅屋:万之介 乙:石田

もちろんお目当ては「業平餅」
ここ最近で親子三代が揃って舞台に登場、
さらに万之介さん、石田さんも登場と
最強の布陣。

萬斎さんは緑に金で蹴鞠の形をあしらった
派手な狩衣にオレンジの指貫に初冠と
本当に装束はお似合いなのですが
それが天然、というところが本当に面白いです。
万作さんの傘持ちの驚き方がさすが!の一言。

正月らしい華やかなプログラムでした。

|

« ブルーリボン賞に寺島さんがノミネート。 | トップページ | 「国立能楽堂」定例公演を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさん、こんにちは。
小舞はとてもいいですね。それをちがう流儀の二人がいっしょに舞うところ、見てみたいものです。
業平餅は、裕基くんのデビューのときに拝見しましたが、そのときは万作師が、専任後見のようにされていたのを思い出しました。裕基くん、成長されたんですね...今回の後見はどなたがなさったんでしょうか。

投稿: susie | 2006.01.15 03:42

susieさま
コメントありがとうございます
今回の後見は(確か)竹山くんだった
ように思います

以前に能楽堂でやったときは随身やなど
おつきの人数がもうちょっと多かった気も
しますし、ちょっとホールバージョンは
演出が違ったように思いました。

投稿: かのこ | 2006.01.15 08:42

かのこさま、こんばんは。

たしか能楽堂での業平餅では、地謡座あたりに一畳台がでていたように思います。餅屋とのやり取りも一畳台に座ったままだったような。今回そのかわりに鬘桶を脇柱の位置あたりにすえて、見やすいホールバージョンにかえて演じられたのは、演出家萬斎さんならではと妙に感心しておりました。

投稿: 松風 | 2006.01.15 23:18

松風様
そうでしたか。一畳台出ていましたか。
それにしても毎回思うのですが、私は
あの会場のバックの透けるスクリーン、
大嫌いなんですよねえ。
茂山家と同じようま金屏風のままで
全然かまわないと思うのですけど。
あれが毎回すごく気になるんです(笑)
あるから使わないととかなんでしょうか(^_^;)

投稿: かのこ | 2006.01.16 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブルーリボン賞に寺島さんがノミネート。 | トップページ | 「国立能楽堂」定例公演を観る »