« 「武士の一分」制作発表 | トップページ | 「間違いの喜劇」(初日)を観る »

2006.02.03

「野村狂言座」を観る

かなり遅くなりましたがようやく少し落ち着いたので
今更ですが一応アップします

宝生能楽堂

「狂言座」らしく渋い曲中心の番組立て。私は3曲とも初見でした。

まず干支にちなんだ『犬山伏』
私の見た日は僧侶役の深田さんがちょっとセリフが
大変そうでしたが、類曲の『禰宜山伏』より動きも多く
犬(月崎さん)も登場して、かなり面白い曲で楽しめました。
深田・高野(山伏)・月崎・竹山(茶屋)と珍しく
お弟子さんだけでの番組でした。

『富士松』
こちらは万作・万之介のベテランコンビ。
主(万作)と太郎冠者(万之介)の、連歌をめぐる
洒落たやりとり。
主人の発句がことごとく下世話な話になってしまうような
付け句を太郎冠者が付けるので最後に叱られるという落ち。
・・・・なんですが、何しろ私を含めての現代人には
和歌/連歌のたしなみが無いので、面白みが判りづらい
のが難ですね。
なのでまず普及公演とかでは観られない曲かも知れません。

『松囃子』
年末に毎年貰える筈の年取物(要はお金)が貰えなかった
万歳太郎(萬斎さん。ややっこしい)が、なんとか施主兄弟
(石田さん、深田さん)の許を訪ねて、思い出してもらおうと
する話。だいたいの流れは「無布施経」に似ていますが、
話の筋というより、どちらかというと、万歳太郎の舞を楽しむ
祝言曲でしょう。
「鍋八撥」のように、水車(側転)で本舞台から橋掛の
幕間際まで行って、そこから本舞台に走りこんでまた
舞うなど、華やかな物でした。
後見に良乍さん以外に、幕際でしていた襷を外すのに
もう一人若い後見さんが出ていました。

|

« 「武士の一分」制作発表 | トップページ | 「間違いの喜劇」(初日)を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「武士の一分」制作発表 | トップページ | 「間違いの喜劇」(初日)を観る »