« 国立劇場開場40周年記念は「元禄忠臣蔵」通し上演 | トップページ | 「功名が辻」にあの方が・・・ »

2006.04.27

本当に残念。

「タイタス・アンドロニカス」、上演関連イベントで
唯一行けるはずだった、シェイクスピア・バースデイの
ソネット朗読会付きの上演回だったのですが、
自分の経験でもないほどの体調不良で劇場まで
たどり着けず、途中の駅から帰宅する羽目に。

終演22時25分後のイベントで、終わって帰宅すると
どう考えても日付が変わるというのが判っていたのも
あるのですが、本当に劇場が都内だったら、なにを
しても参加したのに、本当に残念です。

ソネット朗読のイベントに参加された方がいらしたら
どんな様子だったか、是非お聞かせください。

・・・という訳でまたも体調不良です。
ココログの不調もあって更新が滞りがちで
こちらも不本意。
連休までになんとか体調を回復させなければ・・・!と
持っているチケットを眺めながら気合いを入れております(^^ゞ

|

« 国立劇場開場40周年記念は「元禄忠臣蔵」通し上演 | トップページ | 「功名が辻」にあの方が・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

まぁ・・・かのこ様・・・(T-T)
しばらく体調が良さそうだったので、安心していたのですが。

そうそう!先日は普通に帰ったのに、帰宅したのは1:00でした!

(お返事気になさらずに・・・ゆっくりなさってください。)


投稿: 抹茶みるく | 2006.04.28 00:12

抹茶みるくさま
帰宅1時!!ううむ、やっぱり行かなくて
良かったのかなあ・・・
なんとかもう一枚チケットがあるので
(はるか後方席ですが)なんとか小栗エアロンの
進化を見届けたいと思います

投稿: かのこ | 2006.04.28 08:18

かのこ様。

体調いかがでしょうか?
本日、2回目行ってまいりました。
そして、またもや帰宅1:00・・・。
まぁ、私の家が遠いからなのですが・・・。

小栗くん。初日よりだいぶ良くなっていたように思います。
セリフに抑揚がついて、押し殺してみたり・ドスが効いていたり、
無理なく自然に出ている感じがしました。
初日は、まだ王子の爽やか感が漂っていましたが。

そして、なんと言っても今日の注目は‘人肉パイ’!
あんなに赤味を帯びていて、見るからに気持ち悪いのに
取り分ける分は、本物なんですね・・・。
みなさんちゃんと食べてました。
そして・・・やはり、顔入りでした(^-^;)
今日はちょうど良く、正面を向いて停止。
血がピューッと出るのも見ました!
杉浦くんがヒモを引くと中から血の糸が出ます。
でも何で中から糸が出るんだ(?-?)?????
血の出る穴は複数あるようだったし・・・。
(結局わからない・・・。)

今日はかなり前方+通路横隣席のせいか、迫力にやられ、
人肉パイ登場シーンあたりから膝がガクガク震えてしまいました。
今日で‘タイタス’観劇、私は終了してしまいましたので、
また、かのこ様のレポを楽しみにしております。

お体、良くなりますように。


投稿: 抹茶みるく | 2006.04.29 02:41

度々、すみません。

(少しですが)ソネット朗読イベントの様子が
公式ブログにアップされています♪

投稿: 抹茶みるく | 2006.04.29 22:28

かのこ様

お加減いかがですか?
ソネット朗読会残念でしたね。
今年はなかなか暖かくならず気候が不安定なせいもあるのでしょうか。
劇の内容が内容だけに、体調が悪い時は劇場までたどり着けたとしても、
最後まで耐えられないかもしれないですね。

私は、朗読会とアフタートークどっちにしようか迷った末、アフタートークを取ったので、
朗読会の様子、お役に立てません(^_^;)

今月初めに行くはずだったのに体調不良で断念した【ライフ・イン・ザ・シアター】を
楽前日の今日やっと観る事が出来ました。

抹茶みるく様
そうですか!小栗エアロン進化してましたか。
楽しみです。
今度は人肉パイの中身確認できるかな~
でも、見たら夢に出てきそうですね(>_<)

投稿: emi | 2006.04.30 01:03

抹茶みるくさま

ううむ、その「パイ」はかなりすごいなあ~
しっかり見られる位置ではもう見られないので
感度の高い双眼鏡でも持って見に行こうかな~
(って、やっぱり見たいのか・・・(^^ゞ

投稿: かのこ | 2006.04.30 09:53

emiさま
「ライフ・イン・ザ・シアター」はいかがでしたか?
今月のSEPTは「ライフ~」とトラムでの草なぎくん
芝居とどちらも気になったのですが、結局見ないまま。
まあこの体調ではチケットを持っていたとしても
ダメだったろうと諦めていますが・・・

アフタートークの様子、是非お聞かせ下さいね!
(またも他力本願・・・・(^_^;)

投稿: かのこ | 2006.04.30 09:56

かのこ様。

だいぶ具合が悪くなるかと思いますが、
ぜひ‘人肉パイ’ご覧になってください(^-^;)
でも、パイばかりに気を取られて、役者さんの演技を見そびれました・・・。


emi様。

‘ライフ~’行かれましたか♪
私も今月初めにいきました。
‘ライフ~’も、日々進化していたとの噂・・・。
あれはお芝居の内容というより、ふたりの演技につきますよね。

かのこ様に便乗して・・・
アフタートークの感想、私もぜひお聞きしたいです♪
(またもやと言うか、やっぱりと言うか、外れました・・・。)

投稿: 抹茶みるく | 2006.05.01 00:01

かのこ様

今日はやっと爽やかな良いお天気になりましたね。
少しはお加減回復なさったでしょうか?
『ライフ~』は軽いジャブの繰り返し的な内容なので、
演技力が無いと退屈な芝居になってしまうだろうな~と思って観ていました。
そこはさすがに実力派のおふたかたです。
最後まで飽きさせる事無く笑いをさらっておりました。
満員御礼で立ち見の人がたくさんいらっしゃいました。
平坦な日常の心理を丁寧に描いて、丁寧に演じていたと思います。
竜也くんはかわいかったし、市村さんの事は、篠原涼子さんの
ダンナさんだ~と思って観ていました(*^。^*)
余談ですが、市村さんは初演の『タイタス』を観に行った時、
私の前のお席にいらっしゃいました。

私もトラムがすっごく気になっておりました。勝地くんも出てるし(^^♪
でも某オークションでのチケット高騰ぶりに、諦めざるをえませんでした。
やっぱりJってすごいんだなぁと、あらためて感心したものです。

『タイタス』日々演出が変わっているようですね。
最後の食卓につく人数も減って、タモーラの位置も変わっているそうな。
英国公演に向けて蜷川さんも試行錯誤しているのでしょうね。

投稿: emi | 2006.05.01 00:18

emiさま
情報ありがとうございます。
食卓シーン、<パイ>話で盛り上がってしまってますが(笑)
演出の違いは遠くからでも分かるので、次の観劇(最後の
になりますが)楽しみにしています

そしてこれが終わると次は「オレステス」前売り争奪(笑)
取れるのか今から心配です・・・

投稿: かのこ | 2006.05.01 07:57

かのこ様

アフタートークイベントの様子を2時間もかけて書いたのにふとした手違いで消えてしまいました。
ショックです(-_-;)
話の内容は「アーツシアター通信」で載せてくれるかな?
もう一度書く気力は無いので、大まかな内容だけ。

終演後、15分の休憩を挟み、普段着に着替えた鋼太郎さんと旬くんが登場!
白いサマーニット風の普段着の旬くんはやっぱり爽やかで、かっこ良かったです(^^♪
司会進行は松岡さん。

鋼太郎さんは初演の時より体力が落ちたので、劇場の駐車場でランニングをしたりして、鍛えているそうです。
真中さんを2回も抱きかかえるシーンがあって、落としては大変なので(笑)
旬君は役作りのために日焼けサロンに通い、今でも3日に一度は通っているそう、
行かないとすぐに褪めてしまい説得力が無くなるから。
『間違いの喜劇』が終って5日後に『タイタス』の稽古場で旬君に会った松岡さんは、
アンティフォラスが何処にもいないのに驚いたそうです。
旬君は「アンティフォラスは捨ててきた」と言ったそうな。
鋼太郎さんが、アンティフォラスの2役を出ずっぱりでやった旬君をすごいと褒めてました。
旬:体力的にはアンティフォラスも大変でしたが、エアロンの方がいつも目をギラつかせて
いないといけないので疲れる。
鋼:でも、あの目つき評判がいいぞ
松:白目がくっきりする目薬でも使っているの?
旬:???あ~充血をとるようなやつ?
旬:タイタスをやってる時の鋼太郎さん、すごくかっこいいです!
松:旬クンはこの役自分で志願したんだよね。
旬:初演を観た時に、自分もこの劇に参加したいと思ったんです。今まで観た中で『タイタス』が一番好きです!
松:自分の役で好きなセリフは?
鋼:オレは海だ~!(そんなセリフあったっけ?)
旬:エアロンのセリフはどれもかっこ良くて、全部好き。

松岡さんはゲネプロ、初日、と今日で3回目という事。
初日は下手後方席、今日は上手後方席で観ていたそうです。
それで、この舞台は斜め後ろからみると演出の完璧さがわかるという話をしていました。
一人一人の立ち位置、立ち方、目線、すべてが蜷川さんによって計算しつくされて綺麗にまとまっていると。
このときどこに赤が入ると映えるとかね。
鋼:そうなんですよ、稽古のとき蜷川さんは立ち位置とか細かく指示してました。
松:開演前、役者にロビーや通路を歩かせているのも、観客をローマ民衆の心理にに引き込むための
演出なのかも?
鋼:民衆の賛同を得るために客席に下りて拍手をうながす時、ちゃんとやってもらえると嬉しいです。
年配の男性はやりたがらないですね。
オレが客だったらやっぱりイヤだけどね(笑)
旬:今日、僕の友達も来ていたのに拍手しなかったから思い切り睨んでやりました。(爆笑)

旬君は声が嗄れていて本人は気にしていたけど、鋼太郎さんがそんなのは毎日見に来ている人か、
余程の旬ファンしかわからないから大丈夫!
お医者さんにも役者はそうやって喉が鍛えられて、いい声が出せるようになると言われてるらしいです。

鋼太郎さんが役づくりのために3回も髪を染めたら、すっかり傷んでしまい、それでも無理に
櫛で梳かすものだからどんどん抜けてぼうずになりかけている話。
旬君が鋼太郎さんに向かって、この舞台を観に来るお客さんはみんなオレ目当てで来ていると
言っているとか、ほんとに最後まで和気あいあいの楽しい30分間でした(^_^)v

『お気に召すまま』の時、蜷川さんにエアロンをやりたいと言ったら「よし!それじゃその前に旬主役で
シェイクスピアを一本やろうな。」って言われたと演劇雑誌で読みました。
それが『間違いの喜劇』。
もう2年も前に小栗エアロンは決まっていたんですね。
岡本エアロンに問題があったわけじゃなくてホッ!
もう一度、色香ただよう悪役岡本エアロンが観たいです。

千秋楽も前方席なので、松岡さん推奨のななめ後方からの観劇は出来ずちょっと残念。
演劇通の方は後方席を好むらしいですよね。

少年ルーシアスはもう一人いたんですね。
健太朗君より小さいですが、しっかり声も通るし、演技力もバッチリです。


投稿: emi | 2006.05.05 02:18

emiさま
詳細ありがとうございます!
いいなあ~素敵なトークだったですね~
鋼太郎さん、髪の毛大丈夫でしょうか・・・(^_^;)
そうそう、少年ルーシアスの二人目、どうやら
「レミゼ」のガブローシュやっている子らしい
ですねえ~
楽しみに観てきます(^^)

投稿: かのこ | 2006.05.05 10:03

emi様。

素敵なレポ、ありがとうございます♪
2時間かけて用意してくださったレポもとても気になりますが(^-^;)
充分伝わってきましたよ!

鋼太郎さんの髪・・・心配ですね(^o^;)
小栗くんも‘いいとも’のテレフォンに出た時に
髪が痛んで海苔みたいだとか、引っ張ると伸びる・・・
と言ってましたっけ。
(タモリさんがすかさず‘いいなぁ~’と言ってました!)

さいたま公演もあとわずかですね。
あっという間です・・・。
後半にもう一度観たかったです(T-T)

投稿: 抹茶みるく | 2006.05.06 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国立劇場開場40周年記念は「元禄忠臣蔵」通し上演 | トップページ | 「功名が辻」にあの方が・・・ »