« 【お礼とお知らせ】 | トップページ | 「タイタス・アンドロニカス」を観る(2回目) »

2006.05.05

「横浜能楽堂 開場10周年記念」第2日を観る

万作さんシテによる「弓矢太郎」と能「頼政」

「弓矢太郎」は萬斎さんの太郎、石田さんの当屋の
組み合せしか観たことがなかったのですが、萬斎さんの
当屋と万作さんの太郎という親子共演で、大変興味
深かったです。

萬斎さんの太郎は割と最初から怖がりが出てるんですが
万作さんの太郎は途中までは怖がりを見せず強がる
ところがちょっと雰囲気が違ってましたが、二人が鬼に
扮して出てくる後半は本当に笑えました。

能「頼政」は、『通円』の元ネタ?で前から関心があった
ので、興味深く拝見しました。
ただ、シテが割に静かに演じられる方だったのですが、
囃子方が若手(大鼓:亀井広忠 小鼓:大倉源次郎)で
気合いが入りまくっていたのか、ところどころシテの語りが
掻き消えるくらいだったは、私の席の位置が悪かったから??

|

« 【お礼とお知らせ】 | トップページ | 「タイタス・アンドロニカス」を観る(2回目) »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこ様

私も聞き取れませんでした。詞章を片手に聞いていたのですが、それでも判然としないところもあるくらい。お席が中正面の後ろの方でしたのでかのこ様と同じようにお席のせいかしらとも思いましたが、お囃子、地謡はすっきり聞こえましたし、やはりシテのお声だけ聞き取れないというのはいかがと。周りの方々も身を乗り出すようにして聞き取ろうとされていました。

お能初心者にとっては、まずは聞こえないことには、その思いも何も理解しがたく置いてきぼりの気分になります。観世流は細川たかし、宝生流は五木ひろしといったのは萬斎さんだったでしょうか。お声の出し方はお流儀によってさまざまなのだと思いますが、個人的にはなんだか宝生さんとは相性が良くないようです。

投稿: 松風 | 2006.05.05 13:25

かのこさま、こんにちは。
横浜能楽堂、開場10周年ですか。もうそんなになるんですね。館長の山崎氏はお元気でしょうか。
山崎氏に能を見て眠ってもいいんだと伺ってから、気が楽になりました。謡がわからなくても装束やお囃子を楽しめるようになり、逆に眠らなくなりました。

投稿: susie | 2006.05.05 22:56

松風さま
コメントありがとうございます
きすけさんのところへの感想、拝見しました。
毎回ながら観察眼の鋭さ、尊敬してしまいます(^^)
やはり松風さまも聞き取れなかったですか・・・
私の感じだと、シテの音量に対して囃子方が
響きすぎ(頑張りすぎ?)だったかなあと(^^ゞ
しかし、萬斎さんのその指摘、凄いけど素人には
違いが判らないのが困ります・・

投稿: かのこ | 2006.05.06 09:10

susieさま
コメントありがとうございます。
なるほど、装束やお囃子に注目する、ですか・・
私はどうしてもシテの語りに集中しようとするから
眠くなるのかなあ・・・?(単なる寝不足かも(^^ゞ

投稿: かのこ | 2006.05.06 09:14

susie様

山崎氏のお名前に反応してしまいました。少し古い話しになりますが、昨年暮れの観世喜之師の古希祝いの乱能に出演されていたのを思い出しました。近藤乾之助師と組んで「附子」の太郎冠者をなさってましたが、葛桶まで行ったり来たりご本人は一生懸命なんですがセリフはぬけるし次郎冠者とは行き違いになるわで抱腹絶倒でございました。92才の太郎冠者、80才の次郎冠者と紹介されていましたが、お歳を感じさせない足取り本当にお元気でした。

かのこ様

ありがとうございます。(汗…)

随分前にも「聞こえない」ことでいろいろ書き込んでしまったような記憶が…。500席あまりの見所に面をつけたままで声を通すというのも大変な事とは思いますし、その上にお囃子の気合いの入った響きが重なるのですからなおのこと。でも「聞こえなくてもいいと思ってるんじゃないの?」と言いたくなることありませんか。しょせんは置いてきぼりにされた能初心者の八つ当たりですが。

投稿: 松風 | 2006.05.06 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【お礼とお知らせ】 | トップページ | 「タイタス・アンドロニカス」を観る(2回目) »