« 『スイーニー・トッド』市村/大竹主演、宮本亜門演出で来年1月上演! | トップページ | 【お礼とお知らせ】 »

2006.05.04

「万作・萬斎狂言の会」(練馬文化センター)を観る

練馬文化センターリニューアル記念公演。

万作さんの「三番叟」を観る機会はできるだけ
逃さないようにと思っているのですが、拝見するのは
歌舞伎座以来かも。

まず珍しく降ろされた紗幕の前で萬斎さんが演目説明。
(「三番叟」の神性を慮って、能舞台を使わない
 ようにしたのだそう)
30分ほどかけて「三番叟」の成り立ちや細かい動きの
説明などをじっくり。知らないことも多くて参考になりました。

このホールの開場記念公演も万作家の「三番叟」だった
そうですが、観客の中にそれをご覧になったと挙手した
方がいたのもびっくり。

練馬区の施設、ということで、万作さんもですが囃子方も
練馬区民という方も数人いらして、そのあたりも配慮
されていました。

「三番叟」は千歳が竹山くん、万之介・深田後見でした。

万作さんの「三番叟」は一つ一つの動きが本当に
洗練されていながら、飛びや足の運びそれぞれに
重みや依り代としての一種のありがたみ、のような
ものが強く感じられました。

休憩を挟んで「鬮罪人」

怖い主(石田さん)と、アイディアマンで口に出さずにはいられない
太郎冠者(萬斎さん)のバトル?が見物ですが、立ち衆の頭
(万之介さん)が太郎冠者を公平に見ているところとか、
今の会社社会での上司と部下、そして他部署や他の取引先の
役職の人とかの関係にありそうだなあと、妙に共感しました。

ただ、京都の祇園会の出し物とかというテーマがどうしても
東京で見ていると実感が湧きづらい部分はありますけれど。

いずれにしても祝祭性の高い素晴らしい舞台でした。

|

« 『スイーニー・トッド』市村/大竹主演、宮本亜門演出で来年1月上演! | トップページ | 【お礼とお知らせ】 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、かのこ様。
うらやまし~です。まだ万作さんの三番叟拝見したことがないんです。(泣)本当に万作さんの動きはため息がでる程荘厳ですね。密かに秋ごろに期待しているのですが・・・

投稿: さざ波 | 2006.05.05 08:11

さざ波さま
コメントありがとうございます
萬斎さんの「三番叟」はメリハリ!って感じですが
万作さんのは、もっと地面に近く、どっしりして
いながら重力は感じない?不思議な感じがしました。
ご覧になれる機会が早く巡ってくると良いですね!

投稿: かのこ | 2006.05.05 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『スイーニー・トッド』市村/大竹主演、宮本亜門演出で来年1月上演! | トップページ | 【お礼とお知らせ】 »