« 「マチベン」でなつかしの豪華共演。 | トップページ | 『スイーニー・トッド』市村/大竹主演、宮本亜門演出で来年1月上演! »

2006.05.01

『観世九皐会別会』を観る

国立能楽堂。

この『安宅』『道成寺』の超美味しい組み合わせ
(ど素人でも判る、飽きない、面白い)は絶対逃せまいと
体調を必死にこれに目標を合わせて回復させました。
(人間、目標があると頑張れるものです…)

狂言「簸屑」(ひくず)を挟んで約4時間半、なんとか
若干眠気を誘われたものの、きっちり楽しめたので
もちろんお能としても大満足、そして自分の体調の回復にも
やっと確信が持てた気がします。
(それにしても「タイタス〜」一回逃したのは痛い・・・)

『安宅』はそれまで見たのがどちらかというと、迫力系?の
シテばかりだったせいか、今回は思慮深さが強く感じられる
ちょっと雰囲気の違う弁慶のような気がしましたが、やはり
無闇に派手な仕掛けの歌舞伎の「勧進帳」よりは、私は
この狭い空間で、多くの演者の織り成す声の形の美しさ、
そして場の使い方の上手さを感じる『安宅』の方が良いなあと
思いました。(萬斎さんは能力のアイで、竹山くんが富樫の
従者で出演)

狂言は万作・太郎冠者&万之介・主、そこに次郎冠者で
石田さんが絡む極上の組み合わせ。
居眠りする万作さんの動き、ちょっとイジワル心を起こした
次郎冠者の石田さんの楽しげな動きに、太郎冠者に「ケチ」と
言われるにふさわしい?万之介さんの質素らしい主ぶり
など、一見渋い曲ながら芸の面白さを堪能。
太郎冠者がくるっと起き上がりながら面を外すところに
「まちがいの狂言」を連想しました

『道成寺』は鐘後見で萬斎/石田/月崎/竹山、アイで
高野/深田、とこの日は万作家総出演。
今回はこの曲では初めて、舞台天井の滑車が見える席
だったので、鐘の綱が見事に滑車にかかる瞬間、そして
外れる瞬間を見られ、判っていながらも息を詰めて拝見しました。
この曲も拝見するのは3回目くらいなのですが、毎回どこか
小書や装束が違っていて、鐘入り以外も見ていて本当に
飽きません。
まあ個人的好みを言うと、ちょっと乱拍子あたりのシテの
足の踏み方が私の見た角度のせいなのか、体がの傾き方とか
かかとの動き方に少し美しさと違うものが見えてしまった
気がしましたが、能を観初めてまだ4年そこらでこんなことを
言うのは生意気でしょう。

ともあれ、可愛い子方、迫力の山伏たち、美しい白拍子、
アイのユーモラスなかけ合いに、見事な囃子方と、久しぶりの
観劇はとても充実した半日でした。

|

« 「マチベン」でなつかしの豪華共演。 | トップページ | 『スイーニー・トッド』市村/大竹主演、宮本亜門演出で来年1月上演! »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま、こんにちは。
体調が回復されたこと、充実した観劇を楽しまれたこと、よかったです。
道成寺はまだ観たことがありません。滑車の動きをぜひ見てみたいです。また鐘後見の方々の動きも。

投稿: susie | 2006.05.02 01:59

susieさま
「道成寺」は能楽堂でしか見られないですし
演じられる間はもちろん、鐘を釣るところから
外すところまで見所たっぷりですし、どこかで
観られる機会があると良いですね。

投稿: かのこ | 2006.05.06 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「マチベン」でなつかしの豪華共演。 | トップページ | 『スイーニー・トッド』市村/大竹主演、宮本亜門演出で来年1月上演! »