« 「ダイナース狂言 06 野村万作&野村萬斎狂言の夕べ」を観る | トップページ | 朝日新聞社「週刊人間国宝」 »

2006.06.05

4日の「功名が辻」

【sittakaburiさまのご指摘を頂いて
 誤植を訂正していました/6月6日】

久しぶりに演能シーン登場。

今回は「張良」。
クレジットに出た配役は次の通り

シテ(黄石公):中森 貫太
ワキ(張良) :森 常好
笛      :一噌 隆之
小鼓    :観世 新九郎
大鼓    :柿原 弘和
太鼓    :助川 治
後見    :駒瀬 直也
        中所 宣夫
地謡   :観世 喜正
       遠藤 喜久
       奥川 恒治
       鈴木 啓吾

貫太先生の鎌倉能舞台サイトの解説によると、この曲は
ワキ大活躍の超大曲だそうで、確かにシテは面をかけたままで
じっと座っていて、後見から投げられた沓(くつ)と
舞うワキだけがずっと映っていました。

何でも秘法の兵法伝授の話だそうで、「本能寺の変」直前の
この段階でこの曲というのは意味を持って選ばれている気がします。

しかし毎度のことですが、配役で出ている半分以上の
人たちは殆ど映ってない!(今回のオンエアはたった25秒でしたし)

でもそれよりびっくりしたのは、日曜に夜に秀吉/家康で登場
している柄本明/西田敏行の組み合わせが、月曜の夜にも
「特命 刑事どん亀」で出てくること。
組み合わせで掛け持ちってちょっと凄い。まあ西田さんはまだ
「功名が辻」にはところどころにしか登場してませんけど・・・

|

« 「ダイナース狂言 06 野村万作&野村萬斎狂言の夕べ」を観る | トップページ | 朝日新聞社「週刊人間国宝」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

森常好さんの字が間違ってますよ。
名前を間違えるというのは、とても失礼なことですよね。
能楽好きなら知らない人はいないと思われる方ですから、
差し出がましいようですが指摘させて頂きました。

投稿: sittakaburi | 2006.06.06 00:48

よく見たら一噌隆之さんの字も違いますね。
推敲する余裕がないのなら無理して載せること無いんじゃないですか?
中森さんのテロップが間違っていた事に憤慨していた方とは思えませんね。

投稿: sittakaburi | 2006.06.06 00:56

sittakaburiさま
重ね重ね、ご指摘ありがとうございましたm(__)m

投稿: かのこ | 2006.06.06 08:07

かのこさま
中森貫太氏の名前ですが、淡交社発行の、金子直樹文による、「能楽鑑賞百一番」という本の189ページ「望月」のツレとして、中森寛太で出ていました。間違えやすいお名前なんですね、きっと。ちなみにその本の他のページには貫太で出ています。お知らせまで。
マスミ

投稿: マスミ | 2006.06.11 23:04

マスミさま
フォローありがとうございます。
まあどんな形にしてもお名前の字を間違えるのは
本当に失礼なことですので、自戒をしたいと思います

投稿: かのこ | 2006.06.12 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ダイナース狂言 06 野村万作&野村萬斎狂言の夕べ」を観る | トップページ | 朝日新聞社「週刊人間国宝」 »