« テレビで見る「間違いの喜劇」 | トップページ | 「タイタス・アンドロニカス」イギリス公演 »

2006.06.28

ついに国立能楽堂に日本語字幕導入

28日の読売新聞の記事によれば(「伝統芸」欄)、この8-9月の
座席改修等の工事にあわせて、ついに国立能楽堂に
字幕システムが導入されるとのこと。

記事によれば、背もたれの後ろの部分に液晶画面が
取り付けられて、英語/日本語で字幕がコンピュータ制御で
表示されるという仕掛けだそうです。

記事にもありますが、国立文楽劇場、および国立劇場でも
既に字幕を導入していて、私も文楽劇場/国立劇場小劇場
での文楽公演で字幕を体験していますが、字幕が舞台両袖の
上の方にあるので、人形と同時に見られないのが欠点なので
(首も疲れるし)、この能楽堂方式のように、座席に液晶で
出るほうが見るのは楽かも。ただし、見所の後方からだと
舞台と一緒に一斉に字が動くたくさんの他人の液晶画面が
目に入ってくるのが気になりはしないか、ちらっと懸念も
ありますが。

さて、どんな物になるのか楽しみです。

|

« テレビで見る「間違いの喜劇」 | トップページ | 「タイタス・アンドロニカス」イギリス公演 »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

かのこさま
字幕の情報有難うございます。ちょっとどうかな?とも思うけど…。ニューヨークのメトロポリタンオペラ劇場が座席の背中の字幕方式をとっていますよね。もっとも、英語で出るので、必死で読んでいる内に場面がどんどん進んじゃったという気がしましたが、回りに邪魔になることはないですよね。私は、ちなみに詩章を作るのが趣味なので、その楽しみが無くなるかなァ、なんて寂しい気もするのですが。動きがゆるやかな能にはいいことかもしれないですね。どこかの団体みたいに「プログラムは上演中にめくらないように」なんていうアナウンスをする必要もないわけですよね。
とにかく、能が分かりやすくなるのはいいことかも。
マスミ

投稿: マスミ | 2006.07.02 00:07

マスミさま
コメントありがとうございます。
「詞章を作るのが趣味」!!すっご~い!凄すぎです!
末尾の「上演中はめくらないように・・」、私も一度
その公演行きました。唖然としたのでした(^^ゞ
でも考えたら国立能楽の定例公演なら、最近プログラムに
詞章が挟みこみになっていますから、活用してほしいのは
各家(会)の自主公演系ですね。
まあとにかく、謡本になっていない稀曲の時は大変
便利だと思うのでどうなるのか楽しみですね。

投稿: かのこ | 2006.07.02 09:38

かのこさま
同感です!自主公演のかたが、字幕方式を導入してくれるといいですね。あれって、ちょっとお金が掛かるので、税金の補助がないと難しいのかな?とにかく楽しみですね。
マスミ

投稿: マスミ | 2006.07.02 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレビで見る「間違いの喜劇」 | トップページ | 「タイタス・アンドロニカス」イギリス公演 »