« 狂言師の登場するアイスのCM | トップページ | 「功名が辻」いよいよ後半 »

2006.07.02

記念公演にしては地味過ぎる。

かなり豪華な演目を期待していた、「セルリアンタワー
能楽堂開場5周年記念 萬斎in セルリアンタワー6」ですが、
本チラシを入手して確認したところ、演目はこんな感じでした。

「セルリアンタワー
能楽堂開場5周年記念 萬斎in
セルリアンタワー6」
10/13(金)19時開演

解説:野村萬斎
「墨塗」:野村万之介、月崎晴夫、石田幸雄
「隠狸」:野村萬斎、高野和憲

確かにどちらもじわじわクスクス系の面白い演目ですが、
私の感覚としては記念公演にしては意外に地味かなとも。
しかも万作さんは出演されない模様ですし。

値段の事を書くのはちょっと下品かもしれませんが、正直、
中正面で8000円と言う値段を考えると、私にはちょっと
(かなり)微妙(席数少ないので尚更…)。
前売りは7/13

詳細はセルリアンタワー公式サイトにて

|

« 狂言師の登場するアイスのCM | トップページ | 「功名が辻」いよいよ後半 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま
萬斎さんのセルリアンタワーの記念公演は、私も考え中。なんてったって正面席で12000円。それで、いつものお話と「隠し狸」だけ。萬斎とつくだけで売りきれちゃうんでしょうけど…。それでもどこかの公会堂あたりで、安く上演するよりいいのかなぁ。と感じとしては微妙です。それでも正正面席、買っちゃうかも。
マスミ

投稿: マスミ | 2006.07.02 21:04

マスミさま
お気持ものすっっごく判ります。
でも記念というなら、やっぱりどこか祝言性の高いものとか
なかなか上演されない大曲とかを拝見したいなあと思って
しまって・・・
(しかもこの値段なら、コクーンで舞台がSで見られるとか
 余計な事まで私など考えてしまうので・・(^^ゞ

投稿: かのこ | 2006.07.03 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狂言師の登場するアイスのCM | トップページ | 「功名が辻」いよいよ後半 »