« 見た映画。 | トップページ | ありえない(嘆) »

2006.08.17

使える「新聞ライブラリー」

新聞と言うのは、住んでいるエリア以外のものは地元の
図書館ではなかなか見ることはできないものので、私は
これまで地方紙などを調べる時は面倒ですが都立中央
図書館(広尾)、あるいは都立日比谷図書館まで足を伸ばして
いました。

ところが最近、産経新聞大阪本社版を探して気が付いたの
ですが、この2館にも意外な盲点がありました。

地方紙は数日経てばたいてい見られるのですが、逆に
全国紙であっても他本社発行版は見られる新聞が限られて
いるのです。
(ちなみに産経新聞大阪本社版は中央、日比谷両館とも、
所蔵なし)

で、その産経新聞大阪本社版について、近辺で所蔵して
いる処がないか、両館のカンファレンス担当に聞くと
「あとは国立国会図書館くらいでしょう」と口を揃える
ばかり。
確かに国会図書館にはあるでしょうが、開館日時にかなり
制限があるし、何より目的のものにたどり着くまでもの
凄く時間がかかり、正直効率的とは言いづらいので、
できればどこか近くにかわりになる施設はないかと思って
いました。

そして最近ネットで検索していてようやく探し当てたのが、
横浜の日本大通り駅前にある、日本新聞博物館内併設の
「新聞ライブラリー」。

ここは都立中央や日比谷とは揃えている新聞の種類に
若干違いがあり、先述の産経新聞大阪本社版も見る事が
でき、閲覧・検索は無料とあったので、先日行ってみました。

場所はみなとみらい線日本大通り駅直結と大変便利な
場所にあり、しかも建物自体が2000年開館で新しく快適。
目的の「新聞ライブラリー」は建物の4階にあり、複写も
法に則った範囲で可能です(もちろん有料)。

また専任のスタッフがいて、カンファレンスのアドバイスも
してもらえますし、日付が近い新聞は開架棚に日付順に
収納されていて、探していた産経新聞大阪本社版もあっさり
みつかりました。

建物内にはレストランもあり、大変便利。

確かに中央や日比谷の方が新聞以外の資料を含めて考えると
総合的には利便性は高いですが、新聞に限って言えば、
この「新聞ライブラリー」もかなり利用価値は高そうです。
(公式サイトはこちら

それにしても、以前中央図書館のカンファレンス担当に
問い合わせた時には、担当者は同じ都立図書館である
日比谷の所蔵紙の種類を把握しておらず、また日比谷図書館の
代表電話に出た職員は、電話した翌々日から10日以上の
臨時休館日の案内をしてくれない不親切さで、私は見事に
一度無駄足を踏みましたし、さらに開館日に行くも、
カンファレンス担当者は新しい情報には興味がないのか、
目の前にあるパソコンで調べればすぐヒットするのに
新聞ライブラリの存在すら知らなかったと言う、「お役所仕事」
ぶりでした。

最初から自分の力で調べれば良かったのが下手に?カンファ
レンスに頼ったばかりに、後から自分で調べがつくと、
こう言う不親切さまで判ってしまって腹立たしさも倍増に
なると言うのもなんだか精神衛生上、良くない。

|

« 見た映画。 | トップページ | ありえない(嘆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見た映画。 | トップページ | ありえない(嘆) »