« いよいよ萬斎さんの「二人袴」パパ役が。 | トップページ | 能「竹生島」小書<女体>替間<道者> を観る »

2006.09.09

狂言「見物左衛門」(深草祭)を観る

銕仙会九月定例公演。
宝生能楽堂。

当初は石田さんが出演だったはずの「見物左衛門」が
萬斎さんに変更になっての上演。
(萬斎さんが出演予定だった6月公演に出演できなく
 なったので入れ替えたようです)

初見でしたので大変楽しみにしていました。
しかも一人狂言とのことで、どうなるのかと思っていましたが
観てみたら、ちょっと前に横浜で落語とコラボをしたのを
連想する、いわば「動く落語」という感じでした。

祭りを見に行った男の様子が一人で表現されるので
要はいかにいない相手をいるように思わせるかという
技術だと思っていましたが、萬斎さん、ちょっと明瞭な
せりふ回しを旨とする万作家のはずなのに、固有名詞とか
ところどころ聞き取りづらかったのは、私の席が悪かった
ためでしょうか?

もう一息面白さが伝わりづらい、というか、一人でやっている
面白みがもうひとつ・・・
やっぱり一人でやるのは難しいのでしょうか。

|

« いよいよ萬斎さんの「二人袴」パパ役が。 | トップページ | 能「竹生島」小書<女体>替間<道者> を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま
見物左衛門は、萬斎さんが方向を替えると、聞きづらくなりましたよね。最近思うのですが、萬斎さんの発声は、ちょっとつまっている感じがします。大蔵流の山本家など、やかましいと思える位に、声の通りがいいですよね。
萬斎さん、声がいいように思えますが、通りはいまいちかな?と思うこの頃です。地謡の時など、真っ赤になっているにで、ちょっと無理してるんだろうか、なんて思ったりします。とにかく、声は大事にしてほしいですよね。
マスミ

投稿: マスミ | 2006.09.14 00:59

マスミさま
そうですねえ・・・
ひょっとして「敦」をやっている合間だと
何か違うのでしょうか・・・・?

投稿: かのこ | 2006.09.17 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いよいよ萬斎さんの「二人袴」パパ役が。 | トップページ | 能「竹生島」小書<女体>替間<道者> を観る »