« 次週の「新日曜美術館」 | トップページ | 映画「破線のマリス」 »

2006.10.13

伝統芸能系の人に好まれる作品?

つい先月、萬斎さん構成・演出による「敦」の演目の一つ
として上演(再演)されたばかりの中島敦の「山月記」が、
今度は歌舞伎役者によって能舞台で上演されるとのこと。

演じるのは中村京蔵さん、と言って判らなくてもCMで
「勘定奉行にお任せあれっ〜」と見得を切る、あの方です。
(としばしば言われるのもご自身としては微妙なところ
かも知れませんが)

「思い」が募って人ならざるモノになる、と言う物語は、
確かに普通の演劇形式よりも、歌舞伎な能狂言のような
「型」を持つ演劇スタイルに馴染むのかも知れませんが、
能舞台で歌舞伎で培われた技術を元に見せる「山月記」は
はたしてどのようになるのか、興味があります。

「中村京蔵創作の夕べ」
10/27
青山・銕仙会能楽研究所能舞台

|

« 次週の「新日曜美術館」 | トップページ | 映画「破線のマリス」 »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま
面白い情報を有難うございます。10月27日に青山に行ってみたいけど、その日は「三響会」が新橋演舞場で公演するので、そちらに行かなくては…ということで、残念です。是非公演の様子を教えてください。
マスミ

投稿: マスミ | 2006.10.14 00:36

マスミさま
コメントありがとうございます。
私も多分青山はいけない気がします・・・(T_T)
ご期待に添えなくて申し訳ないのですが。

投稿: かのこ | 2006.10.14 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次週の「新日曜美術館」 | トップページ | 映画「破線のマリス」 »