« やはり面白かったドラマ「眠れぬ夜を抱いて」 | トップページ | 伝統演劇のテレビ放送予定 »

2006.11.21

放送大学「演劇入門(’06年)」

前のエントリーに繋がる話ですが、前からDVDへ
移行させなければと思っていたシリーズに、もう一つ、
02年に録画していた、放送大学のシリーズ
「現代における伝統演劇」(全15回)がありました。

これは渡邊守章さんをメインに、渡辺保さん、松岡心平
さんなどが随時出演しながら、能、狂言、文楽、歌舞伎を
映像を交えながら論じたもので、狂言の回では萬斎さんの
インタビューがたっぷり織り込まれていましたし、私などは
歌舞伎と文楽の違いなどはここでかなり学んだ、とても
面白く見たシリーズでした。

これも結局移行させながら全部見ましたが、今よりやっぱり
ちょっと若い萬斎さん、なにより「能ジャンクション 葵の上」
だの、「ハムレット」など守章さんがかかわった萬斎さん出演の
貴重な映像が見られるのがツボな訳です。

で、そういえば、最近の放送大学は何をやっているのかなと
何気なく放送大学のHPを見てあらびっくり。
今年の収録の新しい講座で、渡辺保さんがメインになって
講義をしている「演劇入門」というのが放送されていたのでした。
しかもその10月放送分で万作さんの「釣狐」を扱った回が
放送されてしまった後。
惜しい!!

シラバスを見ると全15回で、やはり能からスタートし、狂言、
そして11月は歌舞伎、12月は踊り、そして現代演劇へという流れ。
現代演劇としては、三谷幸喜さんの「笑いの大学」、そして
ミュージカル「マイ・フェア・レディ」が扱われる模様。

3月初旬にまとめて再放送(大学の授業としては「集中放送
授業期間」というそうですが)あるので、能狂言の部分はその
放送まで気長に待つとします。

|

« やはり面白かったドラマ「眠れぬ夜を抱いて」 | トップページ | 伝統演劇のテレビ放送予定 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やはり面白かったドラマ「眠れぬ夜を抱いて」 | トップページ | 伝統演劇のテレビ放送予定 »