« さいたまゴールド・シアター “pro.cess2” | トップページ | <何度目かですが、お知らせ> »

2006.11.15

現代能楽集Ⅲ「鵺(NUE)」を観る

体調を崩して暫く劇場へ行けなかったのですが、
恐る恐る劇場通い復帰第1弾で、トラムへ行って来ました。
(やはりポストトークは聞き逃せませんしね・・・)

開演時間になるとスタッフが客席前に登場、携帯電源オフは
もちろん、飴・ガムを含む飲食の禁止を通達(これは結構厳しい)
そして、ロビーに張り紙もありましたが、開演時間で指定席
制限を解除、両側から客席中央に向かって、空席を詰めるという
このサイズの劇場では珍しい作業が。
(そういえば、直前の「エンドゲーム」も同様の措置を取ると
 チラシにありましたね)

そんな訳で5分押しで開演。
幕はなく、空港のロビー(トランジットルーム)らしくシンプルな
椅子が何組か、上手は自動扉、下手は一段下(客席レベル)に
出入り口。奥にスクリーン、その下に少し空間。
上からみると多分上手に向かって曲がる勾玉型の舞台。
<以下、毎度のことながら激しいネタばれ>

直前に「ユリイカ 臨時増刊号 特集 宮沢章夫」で
萬斎さんと宮沢さんの対談を読んだり、新聞雑誌の特集記事、
ネットの評や解説を読んでだいたい概略をつかんでから
見に行ったので、それほどは混乱しませんでしたが、正直
宮沢さんが狙った過去/近い過去/現在の時制の融合という
ようなものまでは理解できたかどうか・・・。

世界的な評価の高い演出家(上杉祥三)が、ヨーロッパ公演の
帰り、飛行機トラブルでトランジットルームに一座と待たされて
いるところに、自分の演劇的過去(70年代の新宿、「映画館で
映画が終わった後で芝居が上演されていた」時代)を体現した
黒ずくめの男(過去に一緒に芝居をしていた男とそっくり。
若松武史)と出会い、話をするうちに、徐々にその時代の
記憶と芝居の世界、そして今の自分とのはざまに揺り
動かされていく。

引用される芝居はすべて清水邦夫作品であり、70年代の新宿、
「映画館で映画が終わった後で芝居が上演されていた時代」に
一世を風靡したといえば、どう考えてもこの演出家は蜷川幸雄
さんをイメージしていることは明らかで「昔は大声で怒った」とか
あちこちに蜷川さんのエピソードがあるのが面白くて仕方なかった
です(ポストトークでどうやらご本人も観劇されたご様子で・・・)

清水作品を知らないので(「将門」を見て、「タンゴ」を予習程度に
読んだだけ)、どこが引用部分なのかは、役者の話す声の調子が
変わるのだけが頼りでしたが、はやり明らかに「鵺」自体
(中川杏奈さん演じる雅子が途中で語ったところ)よりは新しいが
この芝居自体のセリフ(「若手俳優」や「映像作家」が語る言葉)
よりは明らかに様式性をもっているのではっきり理解でき、
それがラストに向かって徐々に(演出家の頭の中で)区別なく
あふれてくるところは(特に若松さんですが)ものすごい迫力でした。

ラストで黒尽くめの男が演出家と芝居をしていた、過去小劇場の
王と言われた役者であり、一座がトランジットルームに入ってきた
前日に、新宿の病院で1人孤独な死を遂げたことが明かされる。
男も演出家と共に過去を語り、彼に「供養」されることで、ようやく
成仏していくのだろうなあというのは、ラストの部分でなんとなく
感じられました。

それにしてもポストトーク(別項立てます)での宮沢さんが
また実に面白く、松井さんの質問の内容をしゃべっているうちに
忘れてしまい、「質問なんでしたっけ?」と聞いた挙句、やっぱり
話が違う方向へ行ってしまったあたり、宮沢さんもずいぶん
「鵺」的だなあと見ていて思いました。

ポストトークにもありましたが、ちょうど今、コクーンで蜷川さんが
清水作品「タンゴ」を再演中。
清水作品とこのところしばしば取り組んでいるふうの蜷川さんの
様子と、その内面を推察するような今回の「鵺/NUE」のリンク
具合がまたいくつかの時制を内包していて、実に能的なつくりだなと
妙な感覚にとらわれました。

|

« さいたまゴールド・シアター “pro.cess2” | トップページ | <何度目かですが、お知らせ> »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこ様
無事に観劇できて良かったですね。
トラムでは飴も禁止ですか\(◎o◎)/!
私は乾燥すると咳が出ちゃうので飴は
必需品なんですけどね~。

開演時間で空席を詰めるのは良い方法ですね。
遅れて来た人は端の席とか後ろの席になれば観客の
気をそらすことも無いわけですものね。

お芝居自体は難しそうですが、蜷川さんのエピソードがある
となれば観てみたい気もしてきました。

投稿: emi | 2006.11.16 01:02

emiさま
わたしも結構飴は必須なので結構あせりました(~_~;)
芝居は難解ではありましたが、芝居を作る人たちの
本音が見えるようで、興味深かったですが、人には
なかなか薦めづらいかも・・・(^.^)

投稿: かのこ | 2006.11.16 11:35

かのこさま
お元気になられて、本当によかったです。また楽しいコメントをお待ちしています。
マスミ

投稿: マスミ | 2006.11.17 06:33

マスミさま
励ましのコメント、ありがとうございます。
まだ全快という訳ではなく、薬を服用しつつなのですが
私の場合、芝居を見る事自体が薬だったりしそうなので
がんばります(^.^)

投稿: かのこ | 2006.11.17 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さいたまゴールド・シアター “pro.cess2” | トップページ | <何度目かですが、お知らせ> »