« 「鵺」ポストトーク 採録 | トップページ | 万作さんによる「狂言十八番」全国巡回公演企画スタート »

2006.11.18

「国立能楽堂定例公演」を観る

ようやく久しぶりに能楽堂に「復帰」しました。

この日は話題になっていた、字幕表示システムがスタート
ということで、操作法を印刷したチラシとアンケートが配られて
いました。

まずその字幕表示を使ってみた感想から。
実は狂言では不要かなと思っていましたが、今回の「水汲」は
謡の部分が多かったので、試しに表示させてみたところ
やっぱり便利でした。
何より、自分より前の席の人が表示している字幕が人数分
全部視野に入ってきたら鬱陶しいなと思っていたのですが
隣の人が表示させているかどうかすらわからないくらい
見える角度が上手くコントロールされていて、まったく気に
ならなかったのが一番驚きでした。
ま、初回ということもあって、隣に座っていた若い男性が上演中
何度もボタンを押して切り替えをしていて(一つのボタンを
一回押すと電源オン(日本語表示)、もう一回押すと英語表示
→もう一回押すと電源オフという仕掛けなので)それがちょっと
気になりましたけど・・・

で、肝心の演目。
まず萬斎さんと高沢祐介さん(三宅右近さんのお弟子さん)という
珍しい組み合わせの「水汲」
実はこの曲、何度か見られる機会があったのに、なぜかその度に
行かれない(観られない)というめぐり合わせで、いまだ未見だった
ので、二重に楽しみでした。

高沢さんは初めて拝見しましたが、新発意と若い女性のかけあい、
と言う曲なので、背がちょっと萬斎さんより高いのがちらっと気に
なりましたが、見た目として年齢的なつりあいが取れているなと
思いました(高沢さんは資料を見ると72年生まれ)
歌舞伎でも狂言でも実際の年齢関係と全然かけ離れた配役と
いうのはもちろんあって、それでも違和感ないというのも当然
役者の芸として凄いとは思うのですが、それでも感覚的限界
っていうのはありますからね・・・(暴言)

で、上に書いたように凄く謡と舞の部分が多くて、とても趣の
ある曲(それだけに謡や舞の技量が問われるのだと思いますが)
でした。萬斎さんの謡は素人が言うのも失礼かなと思いますが
時々声の特殊性(「鵺」のポストトークで宮沢さんがしきりと
言っていましたが)が際立ってしまっていたりするのですが、今回は
かなり抑え目でアドとのハーモニーが取れている感じでした。
水を浴びせられてくしゃみ止めで入っていく背中が意識的か
無意識的かちょっと猫背っぽかったのが笑えました。

で、能「鉄輪」ですが、どうしてもワキ(安倍晴明)が萬斎さんの
イメージが強くて(特に萬斎さんの登場の後だと)自分でも笑って
しまうのですね・・・
ただ、薬を飲んで能楽堂に行ったため、その副作用で眠気が
出てしまい、たった1時間強の曲をほとんど覚えていないのが
お恥ずかしい限り・・・ということで、コメントはなしです(毎度
な気がして本当に恥ずかしい・・・)

|

« 「鵺」ポストトーク 採録 | トップページ | 万作さんによる「狂言十八番」全国巡回公演企画スタート »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま
能楽堂への復帰、おめでとうございます。実はこの番組、行きたかったのですが、他の用と重なり、行けませんでした。何時も第3金曜日に、いい能楽があるので、行けなくて残念です。字幕の事は気になっていて、折角詞章作りに励んでいたのになぁ、とは思っていたのですが、まぁ便利なのが一番ですよね。30日に行くので、字幕の効用を楽しみにしています。
それから、お体お大切に。
マスミ

投稿: マスミ | 2006.11.18 17:48

マスミさま
ぜひ30日(「枕物狂」&「清経」ですね(^.^)に
字幕のお役立ち具合、確認してみてくださいね!
「枕物狂」も謡が多いので役に立つかも!

投稿: かのこ | 2006.11.19 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「鵺」ポストトーク 採録 | トップページ | 万作さんによる「狂言十八番」全国巡回公演企画スタート »