« 「ブルックリン・ボーイ」を観る | トップページ | 今年の「ひとこと言わせて」舞台。 »

2006.12.17

今年の「舞台」ベスト10

さて、今年もほぼ観劇予定が終了したので、ベスト10を
考えてみました。

結構今年は自分でも厳選して観た感じなので、余り外れは
無かった気がしますので、10を選ぶのは結構大変。

<1>萬斎さんの「釣狐」(11月~12月 国立能楽堂他)
   やはり今年はこれを観られたのが一番でした。

<2>「メタル・マクベス」(青山劇場)
   クドカン脚本のシェイクスピアに、内野さん松さんの
   マクベス夫妻、いのうえさん演出。
   とにかくスタッフ・キャスト、アイディアいずれも眼福の
   一言でした。ただし、長かった(笑)4時間近くはどうもこうも。
   ぜひ再演の際はもうちょっとはしょって。
   この舞台では、罰ゲームで内野さんが「みちのく一人旅」
   を歌った回を見られたのが最高に面白く、運が良かったです

<3>「間違いの喜劇」(さいたま芸術劇場)
   今年の蜷川さんの芝居はゴールドシアター以外は全部
   観ましたが、結局これが一番手堅かったですね。
   高橋洋くんの道化が最高でした。

<4>「十一月大歌舞伎」(歌舞伎座)
   私は新聞や雑誌のように、芝居を現代的と古典を分けません
   ので、こうなります。歌舞伎だって文楽だって芝居として
   面白いかどうかという基準で観るのは一緒ですからね。
   この月は菊五郎と仁左衛門の「伽羅先代萩」がすばらしかったです

<5>「ベガーズ・オペラ」(日生劇場)
   内野さんの今年の舞台はどちらも面白かったです。
   ちょっと観客に媚び過ぎの演出だったのはどうかなと思いましたが
   結局私もカーテンコールで舞台に上がるなんて幸運?に恵まれ
   ましたからまあ良いか(笑)

<6>「九月大歌舞伎」(歌舞伎座)
   この月は「籠釣瓶~」の吉右衛門に尽きます。
   年明けに歌舞伎チャンネルで放送あり。

<7>「三月大歌舞伎」(歌舞伎座)
   今年は歌舞伎が本当に良かったです。この月は仁左衛門の
   「菅原伝授手習鑑」の<道明寺>。先代の雰囲気が伝わり
   ました

<8>「アンデルセン・プロジェクト」(ルパージュ版)
   1人芝居の常識を呆気なく超えた感じ。ただし、字幕を見ながら
   芝居を見るのは大変です、やっぱり。

<9>「バージニアウルフなんかこわくない」(コクーン)
   翻訳ものをケラさんが演出というのも異色、そしてなにより
   大竹しのぶvs段田安則の演技派俳優のがっぷりよつが
   凄みでした。

<10>「現代能楽集<鵺>」+「タンゴ・冬の終わりに」
   清水邦夫作品の再演と、その演出する蜷川さんを思わせる
   演出家を主役に据えた「あの時代」を見つめ直す芝居が
   11月に同時上演。複眼的に見られた面白さがあったので
   2本あわせてで。

ほかにも12月の「トーチソング・トリロジー」、1月の「クラウディアから
の手紙」、9月の国立劇場小劇場の「仮名手本忠臣蔵」通し上演も
楽しいものでした。

NGものはまた別項で、悪口雑言を吐きまくる予定。

|

« 「ブルックリン・ボーイ」を観る | トップページ | 今年の「ひとこと言わせて」舞台。 »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

文楽ほか伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

かのこ様。

今年の「舞台」ベスト10
そろそろかしら・・・と思っていたろころです♪
‘NGもの’も、これまた楽しみです!(^ー^)ウヒヒヒ
(むしろ、↑こっちの方が楽しみだったりして・・・)

私は今年も蜷川さん舞台皆勤賞でしたが、
かのこ様と同じく、1番は‘間違い~’ですね♪
何度も観たのもあり、洋さん贔屓なのもあり、ですが
ごちゃごちゃ細かい事考える前に、とにかく‘楽しかった!!!’です。

来年も蜷川さんについていきます!!!

投稿: 抹茶みるく | 2006.12.18 01:44

かのこ様
この中で私が観たのは『間違いの喜劇』と『タンゴ・冬の終わりに』
だけですね~。
どっちも良かった!
でも私のベスト1はなんと言っても『魔界転生』(^^♪
その理由はだたひとつなんですけども、そういう理由がなくても
娯楽作品として十分楽しめますので、もしよろしかったら30日の放送を
ご覧になってみて下さいませ。
かのこ様のご意見が是非お聴きしたいです。たとえ辛口でも・・・(^_^;)

最近観た『ロープ』も心に残る作品となりました。
私も、かのこさんと同じく野田作品はイマイチ理解しきれなかったん
ですけど、『ロープ』は違いました。
前半は吉本?っていうくらいドタバタで笑いが絶えないのですが、
後半ベトナム戦争で実際にあった悲惨な事件を宮沢りえさんが淡々と
実況するあたりでもう胸が痛かったです。
「あった事を無かった事には出来ない」
ステージ後方に映し出されているのは、504人の犠牲者の名前。
もう一回観たいと思っていますが、後半の重さに耐えられるか心配。
休憩無しの2時間っていうのは行きやすいですけどね。

『シェイクスピアシリーズⅢ』は、こういう映像が観たかった~♪というような
バックステージ映像が満載なので、機会があれば是非どうぞ(^^♪

投稿: emi | 2006.12.18 03:50

emiさま
情報ありがとうございます。
「魔界~」はWOWOWで見てみようと思います。
内容からすると、ひょっとして新橋じゃなくて
パルコとかでやったらもっと盛り上がったかなあと
予測しているのですが・・・

「ロープ」賛否両論をお聞きします。
野田作品の中では判りやすい方だそうですが(笑)
野田作品と長塚作品は私の中では結構鬼門なので
チケットを買う勇気が出ないので、これも
テレビ放送を期待しちゃおうかな(へっぽこですね)

投稿: かのこ | 2006.12.18 08:01

抹茶みるくさま
そうなんです、NG系はね(笑)でも私の理解力のなさで
面白くなかった場合もあるので、想像力の欠如がバレちゃう
可能性が大なんですけれども。

どうやら「コリオレイナス」と「ひばり」は稽古が同時
進行している模様。終わったら「恋損」だし、大変ですよねえ・・・

投稿: かのこ | 2006.12.18 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ブルックリン・ボーイ」を観る | トップページ | 今年の「ひとこと言わせて」舞台。 »